<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

復讐

長男 == 学校で、クラスの子が鉛筆で僕をさしたんだ。 だから鉛筆でちょっとたたいたら、その子が「痛い!!!!」って、大きな声をあげて、僕先生に注意をされたんだ。
母 == そんなぁ、、、人がなにをしてもかまわなきゃいいでしょう。

次男 == 復讐をしたらいけない、復讐は神のされる事、僕たちは愛してあげなきゃ。
母 == 、、、、、、。(聖書、、ローマ人への手紙 12:19−21 でも、次男の言う事???)

長男 == 僕は次男の事を知っている。 〜〜〜とイ次男の嫌がることを言う。
次男 == なんだ!  〜〜〜と長男の嫌がることを言う。

長男 == 復讐をしたらいけない、復讐は神のされる事、僕たちは愛してあげなきゃ。

次男 == 、、。でも、意地悪はよくないんだ。お母さん、長男が僕の顔を見てニヤリと笑う。

母 == ニヤリと笑って帰してあげれば良いじゃない。
次男 == 長男、僕を見るな!!

母 == (ローマ 12:19−21 はどこに行っちゃったんだろう。)


ローマ人への手紙  12:19−21

19:愛する人たち。自分で復讐をしてはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐は私のする事である。私が報いをする、と主は言われる。」
20:もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭の上に燃える炭火を積むことになるからです。
21:悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。
[PR]
by chiekol | 2005-09-15 00:59 | 子供の意見

愛の中の厳しさ

うちのご近所のお嬢さんは今年の5月に高校を卒業されました。

父親は小さな郵便局の局長さんで、母親は看護婦さんです。そのお嬢さんの言うには、「両親の年収がすくなすぎる、私は医者になる」と言っていらしたようです。(医者の年収は、初任給で最低1000万円です。)

彼女はとても頭が良くって、あちらこちらの大学からも特待生(授業料免除)としてきて下さい。と申し出がありました。そして彼女は小児科の医者になるという希望でした。

今、彼女は近くの短大のインターネット(自宅で授業が受けられる)で授業を受けています。
彼女は妊娠しており、つい2−3日前に女の子を出産しました。

彼女の弟(高校2年生)の話を聞くと、、
彼女の弟 == sexをすると子供ができるって分かっているのに、どんなに避妊してもできる確率があるのに、馬鹿な事をして。    と姉がした事を怒っていました。
私 == でも子供をおろさないで、子供に命を与えてくれてよかった。   と言うと。
彼女の弟 == あぁ、、、僕たち家族は子供を殺す事なんて全く考えないよ。との答えでした。

「生理が遅れている、あっ、妊娠した。」 と知ったその時には、もうおなかの子供の心臓は動いているのです。私も日本にいる時には全く知りませんでした。

彼女の母親と話をしたとき、その母親は。。。。
裏切りにあった。本当に彼女を信用していたのに、今でも本当に腹が立って仕方がない。娘にはこれから大きな夢が待っていた、彼女のしたい事は何でもできたのに、大学も自分の行きたい大学に特待生として行けたのに。妊娠をするような事をしてしまって。
子供を産んでから、おばあちゃんの所の近くの大学に行き、おばあちゃんの家に一緒に住む事になった。
今も、出産するまで仕事をしていた。

彼女はこれからが大変。
学校に行って勉強をして、仕事をしながら子供を育てなければならない。
自分でした事だから、自分で収入を得ないといけない。養子縁組も考えたのだけれども、娘が子供をはなせられないと言い、彼女が育てる決心をした。

私はこのご両親の行いに、とても強い愛の中の厳しさを感じました。
私達はよく愛と、甘やかしを誤解しがちです。
「愛」と言うのは、何でも子供の言いなりではないのです。
親自身がきちんとした信念を持ち、自分のした行動には必ず結果が伴い、その結果の責任を自分自身が取らないといけない。という事をきちんと教えなければなりません。

赤ちゃんができるような行いをした、つまり貴方は責任のない子供ではなく、自分を大人だと思っている。それなら私達(両親)も、貴方の事を大人扱いしましょう。大人というのは、自分で収入を得て、全てに自分で責任を持つもの。だから、親に甘えて親の家に住むのはよくない。自分の足でしっかりと立って、自分の人生を歩みなさい。という事です。

自分は大人だと思っているけれど、ここは甘やかせて、というのは全くないのです。

子供達 == セーラ(そのお嬢さん)は結婚もしていないのに、なんでsexなんかしたんだろう。
母 == 誘惑に負けたんだよ。   肩が触れると、手をつなぎたくなるし。手をつないだら、抱きしめたくなる。だきしめたら、キスをしたくなる。キスをしたら、sexをしたくなるものなんだよ。自分は意思が強いと思っていても、誘惑というのは自分が思うより力のあるもの、だから最初から、手をつないだりキスをしない事だね。
長男 == お母さん、僕お父さんとお母さんの事を知っているよ。
母 == 何を知っているの。
長男 == お母さん達、結婚前にキスをしたって聞いたよ。
母 == そうだね。誘惑に負けたんだよ。するべきじゃなかったよ。
長男 == お父さんもそういっていたよ。
[PR]
by chiekol | 2005-09-14 03:59 | 子育て

子供達

今日は自宅学習(ホームスクール)の日です。
私は6時半に起きて、夫を送り出してから(彼は毎朝5時に起きます)、また下の3人とベットに入りテレビを見ていました。気がつくと子供達はみんな外で遊んでおり、テレビも消してありました(8時半)。

三男 == みんな見ないからテレビを消したんだけど、、、
母 == ありがとう。

次男は何をしているかと探したら、なんと朝風呂!!  彼は本当にお風呂が好きで、一日何回でも入りたがります。日本に行ったら、銭湯に行きっぱなしなのではと思います。



e0062685_21503510.jpg
動物園に行った時の写真です。上の二人は宿題があるから行かないといい。下の3人と行ってきました。ガラス越しでも、動物が本当に近くで見れました。(娘は怖がって近寄りませんでした)

中学生になると、「動物園なんか」なんて思ってしまうようです。なんだか寂しいものです。

成長を望むのに、いつまでも「おかあさ〜ん」って甘える子供でいて欲しいと思ったり、複雑です。



e0062685_2285762.jpg


私の唯一の親戚から写真が送ってきました。
永田家の人々です。おばちゃんは私の母のいとこなのに、皆さん本当によくして下さっています。
両親が健康で、また兄弟姉妹がいるってことは、本当に祝福ですよね。辛い事があっても、みんなで助け合っていけますものね。


私は5人も子供がいるから、私のような寂しい思いをせずに、どんな事があっても助け合っていってくれるでしょう。
5人も子供を恵んで下さった主イエス様に感謝!!!!
[PR]
by chiekol | 2005-09-13 22:16 | 家族

罪人(つみびと)

昨日の教会でのメッセージは、ルカ7:36−50でした。

牧師の話は、どんな罪人でも主イエス様にあって許される。と言う事でした。
でも私は、「罪深い女」というのがとても強く心に刺さりました。
私自身、イエス様を愛して、、、と言うよりも、イエス様に愛されているのにも関わらず、毎日罪を犯しています。

罪とは何? 罪は盗みをしたり、人を殺したりする大きな事だ。と思いがちですが。
クリスチャンになったからこそ『自分のおかした罪』という、小さな事でも罪なのだと言う事を知る事ができ、またイエス様からも「罪」を知らされ本当に感謝しています。

イエス様は心で犯した罪は、イエス様の目から見ると、もう実際に行ったのと同じだ。と言っていらっしゃいます。その『罪深い女』が泣きながら、イエス様のあしに口づけをし、高い香油をイエス様の足に塗る所を読むと、その女は私だとつくづく感じました。

こんな罪だらけの私なのに、それでも「心から愛しているよ」と言って下さっているイエス様。
そのイエス様の愛を思ったら、感謝で涙が止まりませんでした。


長男の罪

長男がたしか5歳くらいだったと思います。
長男が何か悪い事をしたので、それに腹を立て『何なの、お部屋に入っていなさい』と言いつけ、自分はキッチンにいました。
少し落ち着いたら、あんなに怒っておとなげなかったな。と思い直し、長男の部屋に向かいました。

母 == 長男、さっきはあんなに怒ってご免ね。少し怒りすぎたよ。

長男 == お母さん、もちろん許すよ。。。。。。僕もお母さんに謝らないと、、、
さっきはお母さんから言われて腹が立ったから、心の中でお母さんに、棒切れや石を投げていたの。心の中でおかした事も罪でしょう。ご免ね。

母 == もちろんおかあさんは許すよ。でも、イエス様に罪の告白をして許してもらわないとね。一緒に祈ろう。
[PR]
by chiekol | 2005-09-13 01:07 | 全能の主

サッカー

今日(土曜日)は今シーズン始めてのサッカーの試合でした。

上の子4人がサッカーをします。娘は4歳になったばかりなので、チームに入れてもらえませんでした。
次男の試合は9時から、長男の試合は10時半から、そして三男と四男の試合も10時半からでした。
夫ドは仕事が忙しいらしく、いつものように5時に起きて、仕事に出て行きました。

次男はゴールキーパーをしたがります。その訳は「あんまり走らなくても良いから」だそうです。
次男らしいでしょう。
次男は最初のクォーターは休みでした(1試合4クォーターあります。前半2、後半2)。
必ず1クォーターは休まないといけない決まりなのです。
2クォーター目はゴールキーパーでした。3クォーター目はフォーワードでしたが、点数を3点入れられて、自分のチームのキーパーに腹を立てていました。

母 == そんなに腹が立つんだったら、キーパーは自分でしますとコーチに言えば良いでしょ。

と言うと。つかつかとコーチのもとに行って、自分にさせてくれと言っていました。
それで、3クォーター目はキーパーをしていました。自分でキーパーをしたいと言っているだけあって、結構ゴールを止めていました。
残念ながら、3−4で負けてしまいましが、試合後のおやつをもらって、負けた事など気にしていない様子でした。

三男、四男のチームは(感謝な事に二人は同じチームなのです)、長男と同じ時間で、どっちを応援しようかと迷いました。
最初三男、四男のチームを応援していたら次男が 「お母さん、僕が三男、四男の応援をしているから、長男の所に行ってあげて。」と言ってくれ、長男の所に行きました。
長男の所に行くと、彼も1クォーター目はお休みだったので、また三男、四男の所に帰ってきました。

三男、四男の所に帰ってみると二人とも全く動かず、ボールをただ見ているだけで、おまけに2点も入れられていました。
母 == なんでジーッと立っているの、ちゃんと走らないといけないでしょう!!
     四男、ちゃんとボールを見てよ!! 三男、しっかり走って、ボールを強く蹴ってよ!!
人目もはばからず、大声で叫びました。(子供を持つお母さんなら、大声で声援する私の気持ちを分かってもらえますよね。)
そのせいか、四男はディフェス(守備)がとてもさえてきましたし、三男は2点得点を得ました。彼らのチームは3対2で勝ちました。

長男のチームは4対1で勝ちました。
このサッカーが毎週土曜日、11月末まで続きます。

暇な時には皆さんも是非応援に来て下さい!!
待っています。
[PR]
by chiekol | 2005-09-11 05:22 | スポーツ

山登り

今週の月曜日にスモーキーに山登りに行きました。レーバーデェーで、夫もお休みだったので、みんなで行きました。
往復8キロ位でしたが、シェーナも良く歩きました。
川のほとりを歩いて上ったのですが、ついた所は子供達が遊べる良い所でした。
すぐに服を脱ぎ捨てて水に飛び込んだのは良いのですが、山の水は冷たく歯をガタガタならしていました。
e0062685_204467.jpg



e0062685_2116476.jpg
娘とお父さんとの会話

夫がリビングルームで紅茶を飲んでいると、娘も牛乳をリビングに持ってきて飲んでいました。子供達はキッチンでしか飲んだり食べたりしたらいけない事になっています。

父 == 娘、なんで牛乳をリビングに持ってくるの、ちゃんとキッチンで飲まないとだめでしょう。
娘 == だってお父さんもリビングで飲んでいるじゃない。
父 == お父さんは、お父さんでしょう。
娘 == 私は(娘の名前を言う)よ。
父 == 、、、、。それはみんなが知っている。

娘は牛乳をキッチンに持って行って飲んでいました。
[PR]
by chiekol | 2005-09-10 21:21 | レクレーション

お父さん

私達の乗っているバンが8月に全く動かなくなってしまいました。もう10年くらい乗っているからそうなのでしょうか。そのバンで、カナダのケベック市、ニューヨーク、ワシントンDC、と東海岸をはしり、フロリダには数十回、本当に良く走ってくれました。そのバンが全く止まってしまって、車内にある電気類も全部死んでしまったのです。そこで、新しい車を買う事にしたのです。e0062685_3212776.jpg夫にとっても、私にとっても始めての新車、8人乗りで、両方のドアも開きます。
そのドアで失敗をしてしまったのです。

8月のある朝、子供達を水泳に連れて行く時、両方のドアを開けて車庫から出そうとしました。左(運転席の後ろ)のドアも開いていたのですが、大丈夫と思ってバックをしたらガガガーとすごい音。ドアが開いている分、幅が広くなっているなんて考えもしなかった私。。。。
(いままで、運転席の後ろのドアも開く車なんて乗った事なかったんです)
しっかりとドアにこすり傷。

 あ〜ぁ、新車だったのに。
長男 == お母さん、もう少し気をつけて運転をしてもらわないとこまるよ!!
と、かんかんに怒っていました。
母 == お父さんに何て言おう。ものすごくおこられるかなぁ。どうしよう。。。
子供達 == 、、、、。  お父さんは大丈夫だよ。
長男 == ムッとしたまま。

夫に電話をして、新車に傷を付けた事を話した後で、、

長男 == お父さんにちゃんと話した?
母 == 話したよ。
長男 == お父さんは何て言った?
母 == 『なんでちゃんと見て運転しないの。せっかく新車を買ったのに。きをつけてもらわないとこまるよ。』って怒鳴られちゃった。。。

長男 == お父さんは何て言った?  (全く信用せず)
母 == そんなには怒鳴られなかったけれど、ちょっと怒って『ちゃんと運転をしてよ。きをつけてもらわないとねぇ』と言われた。

長男は私をじっとみつめ、2−3秒後に
長男 == お父さんは何て言った?  (これも全く信用せず)
母 == 分かった。 お父さんは『まあそんな事もあるさ、修理をすれば良いんだから、心配しなくて良いよ。』と言ったよ。
長男 == それが僕のお父さんだよ。
と言い。隣の部屋に行ってしまいました。

どんな時にも自分を失わないお父さんの事を、よく知っている長男。

もし、これが夫が車に傷をつけていたら、みんな夫の事を心配した事でしょう。
子供達 == お父さん、お母さんはどんなに怒鳴るかねぇ。イエス様がお母さんの心をさわり、平安を持って話ができるように祈ろう。
なんて言っていた事でしょう。

(写真は裏庭で、子供達が新しい車を洗っている時です。三男はなんで水中眼鏡とかかけていたんでしょうかねぇ)


今朝の三男と娘の会話
娘 == 三男はいつも爪を噛むんだよ。爪を噛むのをやめなさい。爪だけじゃなくって何でもかむんだから。
三男 == 何でもかまないよ。
娘 == かむよ
三男 == かまないよ。
娘 == 別に、私の自転車を嫌いでも、いいよ!!!
三男 == 娘の自転車の事なんか言っていないのに。。。。
と三男は、その場を離れて行きました。

なんで娘はいきなり自転車の事を言ったのでしょうかねぇ。。不思議
[PR]
by chiekol | 2005-09-10 03:49 | 子供の意見

次男

今朝、学校に行った時に次男の先生から呼び止められました。
またなんか悪でもしたかなぁ。。。と思っていたら。

クラスで本を読む時に、次男の隣の子がみんなの前で読む事になったそうです。隣の子は読めない単語があって読めずにいたら、次男が小声で教えていたそうです。それも、しっかりと次男を見ていないと分からないように、唇をあまり動かさないように、ささやいて教えていたそうです。

先生 == なんで、そんなに口を動かさないように、ささやいて教えていたの?
次男 == だって、その子が単語が読めない事が他の子に知れると、恥ずかしい思いをするんじゃないかとおもって。。。

また、クラスの子がおやつ(アメリカの学校では、毎日必ずおやつを持って行きます)を持ってこないと必ず次男が自分のおやつを分けてあげているとの事です。
そういえば、今朝も朋ちゃんから送ってもらった、おやつのちびラーメンを2つ持って行っていました。私は何にも考えずに、「なんで、二つも持って行くの?」と聞くと、「友達がおいしいって食べてくれるの」と言っていたのを思い出しました。

次男は5歳の時に主イエス様を受け入れてクリスチャンになりました。
でも、反抗ばかりして、また兄弟に対しても意地悪は日常茶飯事で す。

母 == 本当にあなたはクリスチャンになったの?言葉だけではなんにもならないんだよ。行いが伴わないと、あなたの信仰は無いのと同じだよ。お母さん達は、助言はできるけれども、あなたが自分で自分の行いを決めるんだよ。すべての行いに結果がついてくるんだよ。自分でこれはよくない、変わらないといけないとは思わないの。
聖書のヤコブ2:14−26を読みなさい。この個所は2000年前に、ヤコブがあなたのために書いてくれたのよ。
といつも読ませていました。いまでは、次男はしっかりと暗唱しています。

学校から帰り道、
あんなワンパク坊主で親に反抗ばかりして、午前中だけでも4−5回お仕置きをした事も何回もあり、この子はどんな子になるんだろう。と夫と心配しながら祈った時もありました。
そんな次男が、人を思いやる気持ちが少しずつでてきて、、、などと思うと車を運転しながらイエス様に感謝のあまり涙が出てきました。(多分これは、子育てをした人じゃないと分かりにくい心境だと思います。)

どんな時でも、イエス様により頼み、前が見えなくともイエス様に希望をおいていると、必ず実を実らせて下さいます。
勿論いまでもワンパクすぎる次男ですが、イエス様が、祈りそして努力の実をすこし見せて下さったことに感謝です。
   ハレルヤ!!!
[PR]
by chiekol | 2005-09-09 00:49 | 学校

大好きな長男兄ちゃん

e0062685_1114749.jpg食事のとき、家では誰がお母さんの隣に座るかが競争になります。いつも「ごはんよぉ〜」と言うと、子供達が大声で、僕がお母さんの隣! 僕がお母さんの隣!!と言い合って、本当にうるさいのです。
そこで考えついたのが。。。毎日、座る座席を順番に回るという事です。それから「ごはんよ〜」と言っても、誰がお母さんの隣に座るか競争しなくなりました。

今日は、娘の隣に長男が座ります。いつも、娘の隣は長男なのですが、お父さんがいない時には、長男がお父さんの席に座るので、娘にとって、長男が彼女の隣に座るのが嬉しかったのでしょう。
「長男が、私の隣にすわるの!?」と言って、肩をすくませ、両手で口をふさぎ、「ふふふ、、」と恥ずかしそうに笑いました。

彼女の言うには、「私は長男と結婚するの」と言っています。兄弟ではできないよ。と言うと、目を大きく開いて不思議そうな顔をします。
それを聞いて、四男は「僕はお母さんと結婚をするの。」と言い。「お金持ちになって、大きな家を買い、大きなダイヤモンドも買ってあげる」との事。
母 == 私の欲しいものをちゃんとしっている。。。

裕ちゃん、アメリカの花火です。
e0062685_11194233.jpg

[PR]
by chiekol | 2005-09-08 11:20 | 子供の意見

花火大会

日曜日の夜に、街の花火大会がありました。
e0062685_23485759.jpg教会の人たちの中では9時半から始まる花火なのに、4時半には行って、フットボールを投げたり、飲んだり食べたりして過ごしたようです。私達は7時すぎに行きました。下3にんの子供達は、7時半が就寝時間なので、眠たくなったようです。でも、花火が始まると、目を大きく見開いて見入っていました。帰ってきたのは11時近く、子供達は何も言わずベットに向かいました。
[PR]
by chiekol | 2005-09-08 00:00 | レクレーション