花火大会

日曜日の夜に、街の花火大会がありました。
e0062685_23485759.jpg教会の人たちの中では9時半から始まる花火なのに、4時半には行って、フットボールを投げたり、飲んだり食べたりして過ごしたようです。私達は7時すぎに行きました。下3にんの子供達は、7時半が就寝時間なので、眠たくなったようです。でも、花火が始まると、目を大きく見開いて見入っていました。帰ってきたのは11時近く、子供達は何も言わずベットに向かいました。
[PR]
# by chiekol | 2005-09-08 00:00 | レクレーション

結婚

子供達(上の二人)と結婚について話をした時の事です。

長男 == もし、エイズの人と結婚をしたらどうなの、そんな人とは結婚はいけないの?

母 == エイズの人と結婚をすると、あなたもエイズになる確率が高くなるし、あなた達の子供もエイズになる確率が高くなる。それに、お母さんや、あなたの兄弟もエイズになるかもしれない。エイズになったら死ぬんだよ。安全性を考えたら、最初からエイズの人を好きにならないようにしないとね。

長男 == 処女の人と結婚しないといけないの?

母== 主イエス様に救われる前(クリスチャンになる前)に、結婚前にsexをする事を罪とも何とも思わずにいて、イエス様に救われてから、それが罪だと知った人もいる。本当に主イエス様を愛しているのだったら、その人が処女じゃなくても良いんじゃない。   

母 == もう一つ大事な事は、お母さんと気の会う人だね。そうしないと、お母さんはあなた達を失う事になるものね。昔、主イエス様に祈っている時、子供達が結婚したらみんなお嫁さんに取られてしまう。と思って悲しくなったのよ。そのとき、イエス様が『息子を失うんじゃない、娘を得るのだ。』と言われたのよ。あなた達が、私にすばらしい娘を与えてくれるとうれしいなぁ。
将来のお嫁さんの事をイエス様に祈っている?

長男 == お母さんに言われてから、ずっと祈っているよ。
次男 == 祈っていない。
母 == 次男君 ちゃんと祈ってね。
[PR]
# by chiekol | 2005-09-07 07:15 | 子育て

選択

教会で、寄付を集めるお皿が回ってきたとき
次男は自分のお金を1ドル、お皿の中に入れました。
それを見て四男が「あっ、僕お金を忘れた。」と言いました。(ちなみに四男はほとんどお金を持っていません、寄付をすると言っても、1セント位です。 )
 次男はすぐに自分の1ドルを四男にあげて、彼がお金を入れるまで、お皿を持っていてくれました。
次男は週に3ドルのお小遣いです。しかも、家の仕事を手伝った時にだけもらえます。(たまには週に50セントの時もあります。)
3ドルの中から、惜しげもなく四男にあげるお兄ちゃん、ワンパク(ランバート家で一番のワンパク坊主)の中にもちらりと優しさが、、
母 == 後で次男に 『さっきは優しかったね。』と言って、1ドルあげようかと、とても迷いましたがあげませんでした。(私は甘いのかもしれませんね、こんな事で迷うなんて。)

長男の質問 
大きくなって、もし役者になったとき、役柄で言ったり、したりする事が、神様の教えと違っていたらどうしたら良いだろう。
母 == 神様を取るか、仕事(お金)を取るかじゃない?
母 == その時はお金に困るかもしれないけれど、主イエス様に栄光を帰す(主イエス様がされるだろうと思う道を選ぶ)と、あとでイエス様が大きな祝福を与えて下さると信じるよ。私達の神様は愛の神様だものね。
長男 == 僕もそう思ったよ、お金をもらったって、心がいきどおっていたら喜びがないものね。

子供達の人生、色々なところで選択をしなければなりません。
どんな時にも、主イエス様に栄光を帰す選択をして欲しいものです。
[PR]
# by chiekol | 2005-09-06 11:40 | 子育て

フットボールゲーム

今日はUT(テネシー州立大学)の今年始めてのフットボールゲーム。夫の兄さん達が行けなくなって、急に8枚のチケットが手に入りました。ランバート家では、上の子供3人、夫、そして友達を誘って行きました。私と下の子二人はお留守番。
子供達は始めてのUTフットボールスタジアム(観客席107000人)に感動したようです。
e0062685_1150081.jpg

夫は、白のTシャツを着ています。
試合の結果は、17対10でやっと勝ちました。対戦相手は「アラバマ、バーミングハム」でした。

次男 == お母さんも一度は行った方が良いよ。スタジアムはすごいよ!!
母 == 私、10回くらい行ったかも。
次男 == えっ!!  ( 目が点)
[PR]
# by chiekol | 2005-09-04 11:55 | スポーツ

星に願いを、、、

土曜日の朝7時過ぎに、下3人(三男、四男、娘)が私達のベットにはい上がってきて、一緒に土曜の朝マンガ(ドーラ)を見ている時です。

ドーラ == 自分の欲しい物をこの星にささやいてね。と言うと、テレビの中の子供が一人ずつ願い事を(熊のぬいぐるみを下さい、とか)ささやく。

ドーラ == 今度はあなたの番。願い事をささやいてね。と星をズームアップ。
私 == 一億円ください。

私の願い事を聞いた夫は、、、
夫 == 私達は、星などに願い事をしない。全知全能の主、ただ唯一の神にだけ願い事をする。
と、テレビを見たままで言う。

私 == 、、、、、
子供達 == 無言でテレビを見続る。
[PR]
# by chiekol | 2005-09-03 21:24 | 全能の主

次男をサッカーの練習に連れて行く時、虫除けスプレーを忘れた時の会話。

母=私は蚊に愛されて困るのよね。なんで蚊がいるのかしら?
次男=イエス様の創られたもので無駄なものなんかないはず、きっと天国に行ってから「あー、蚊がいて本当によかった。」と思えるよ。

その会話を夫に話をすると。。。
夫=創世記のところで、アダムとイヴが罪を犯したため、土地がのろわれてしまった。(創世記:3−17) のろわれてからは色々なものが変わってしまった。のろわれる前は蚊からさされるといい気持ちになったのかもしれないね。

こちらの答えの方が説得力があるような気がしますが、どう思われますか?
[PR]
# by chiekol | 2005-09-02 10:35 | 子供の意見

友達

 先日、友達のお母さんから長女(4歳)へ浴衣を送ってきて下さいました。
母親がいたら、こんな風に浴衣などを送ってくれただろう。なんて思ったら涙が止まりませんでした。
その5日後、友達(朋ちゃん)が子供達全員に甚平さんを送ってくれました。

みんな大喜びで着るけれど、着方が全く分からない様子。
着物を着た事のない子供達、前であわすと言う事が考えられなかったらしい。
悪戦苦闘の結果、ちゃんと着れました。

主イエス様が、兄弟、姉妹もいない私の両親を天に帰された事は、この世にいる私にとって全く理解できない事だけれど。でも、そんな事は理解しなくても良い。ただイエス様の愛だけを信じていれば良い事だ。
両親はいないけれど、そのかわりに沢山のすばらしい友達を与えて下さっている。
主イエス様に感謝。
[PR]
# by chiekol | 2005-08-31 11:11 | 家族