<   2006年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ダイエット

2年前までクラムガというイスラエルの格闘競技をしていました。
ほとんどの人は男の人たちで、たまには2メートル以上ある人とも組み合わせになったりしました。
ちなみに私は身長152センチのちび。

イスラエルはパレスタニアンのテロが多いので、護身術として栄えた格闘技です。
上のレベルになると、「手榴弾を持った人からそれを取り上げる」とか言うのもあります。

私はそんな上までは行かなかったのですが、後ろから、前から、横から首を絞められたときの防御、格闘。
拳銃を持った人との防御、格闘。
寝技も、いろいろな形で押さえ込まれたときの防御、格闘を学びました。

身長190くらいの男の人と格闘する寝技は、本当に大変でした。
身長がいくら高くても体重が70キロくらいまでの人は、結構一緒に格闘できていました。
でも、それ以上体重が増えてくると、私のからだではとっても動かせませんでした。
私は、体は小さくとも本当に楽しんでしました。

クラブから帰ってくるなり夫に、「ちょっと、首を絞めて。〜〜 今度は横から閉めて、もっと強く閉めなきゃ。」などと言って、首閉め?に協力してもらっていました。

その時は体中が筋肉で、ちょっと腹筋に力を入れお腹をさわると、壁をさわっているみたいに堅くなりました。
もちろん腕や足も、ちょっと力を入れると、筋肉がパッと浮かび出ました。

それは約2年前。
その格闘技を辞めて、ジムに時々は行くのですが、その時程からだを鍛えていません。
それで、体中がぶよぶよになって来ました。

まず、腕のたるみを感じ、お腹はもちろん、おしり、ふくらはぎ、ありとあらゆるからだの部分がたるんでいます。

このクリスマス明けからタイボーをしたりするのですが、ブログ?や色々な事で時間を作らずしていません。

  *(時間を作れなかったと言いたいのですが、時間は作るもの、私の責任で作らなかったのです。)

お腹はますますプクプク。


** 〜 ** 〜 ** 〜 **

母 == 今日からタイボーを頑張ってして、昔の様にしまった体作りをするぞー!! 

子供達 == お母さん頑張って!!

母 == ありがとう!!

子供−1 == だってお母さんのお腹は、お腹に赤ちゃんがいるみたいだものね。

子供ー2 == お母さんの腕やお腹は、グニュってするものね。

子供−3 == 昔みたいに筋肉が出て、強くなれるかなぁ???

 (そ、そんなに考え込まなくっても、、。)

母 == 沢山の声援をどうもありがとう!!  

(声援だか、傷つけているんだか)


母 == お母さんの今の腹の写真を撮って、タイボーをしてやせたお腹も写真に撮ろうかなぁ。

長男 == 使用前、使用後ってやつだね。

次男 == でも、やせれば良いけれど、もっと太ったらどうするの? それでも写真を撮るの?

母 == う〜ん、、、、、。それは〜、使用前、使用しなかった後ってやつだね。




人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-31 05:34 | 子供の意見

洗濯機、乾燥機

ついに買いました!!

結婚15年半、いつも私たちは中古の洗濯機と乾燥機を使っていたのです。
いつも、10年以上の古い物を買って使っていました。

e0062685_13439100.jpg左が洗濯機、右側が乾燥機です。

洗濯機の左肩が明いていますが、何とここに洗剤や柔軟剤を入れるのです。
(始めての試みでした。)

しかも、上から洗濯物を入れるのではなく、横から入れて、洗濯も上下に回転するのです。
(これも始めての事!)

だから、水が今までの何分の一かで済むのです!!
(すごすぎる!!)

私の興奮が伝わっているでしょうか!!


** 本当は、同じメーカーの同じデザインの洗濯機、乾燥機を皆さん買われるのですが、うちはどちらも安い方を買ったのです。だから、そろっていなくて見た目はちょっとおかしいのですが、そんなこと全く気にしません!!


一番最初に買った洗濯機と乾燥機は、もう何年使われいたか分からない。
ということで、洗濯機と乾燥機の両方で50ドルでした。

2回目に買った時には、たしか10年くらい経っているだろう。という事で、両方で100ドルでした。

その、両方で100ドルの物が、なかなかうまく活動しなくなったのです。

洗濯機は、いくら洗剤を入れても汚れが奇麗に落ちていないし、それに脱水がうまくできなくて、洗濯が終わってもジットリと濡れている事もしばしば。

乾燥機は、1回乾燥機にかけてもさっぱり乾燥しておらず、必ず2回は乾燥機をまわさないといけなかったのです。


** 〜 **   夫との会話   ** 〜 **

私 == これじゃぁ、節約をしているんだか 無駄使いをしているんだか分からないよ。

夫 == 、、、、、。でも、まだ動くでしょう。

私 == 動くけれど、同じ事を2回もしないといけないんだよ。それに、脱水がうまくできないから、服がジットリと湿っているし、そうすると乾燥機も2回も回さないといけないし。電気代も水道代も馬鹿にならないし、よけいに無駄使いだよ。

夫 == 、、、、。今は買えない。(キッパリ!)


* いつもであれば、ここで会話が終わっていました。 *

私 == 、、、、。私のへそくりを出すから!

夫 == ??、、、、。いくら持っているの?

私 == 長男が生まれる前にベビーシッターで稼いだお金が700ドルくらい。 それに少し家計から出したら買えるんじゃないの??

夫 == 、、、、。考えてみよう。

私 == でも、でも、、、。〜〜〜(ひつこく食い下がる。)

子供達も一緒になって夫に言いよりました。特に長男!

長男が家族全員の洗濯係を担当して、かれこれ4年。
彼もしょっちゅう、洗濯機や乾燥機の動きの悪い事を話していたのです。

そこでついに夫の判断。     「買おうか。」


♫ ヤッター!! ♪ ♪


もちろん私たちの事です。
何件もお店をまわって、安くて良いのを探しました。、、、と私たちは信じているのですけれど。

音も静かで奇麗に落ちるし、洗剤もそんなにいらないし。

** いつも長男は、洗濯をするのがのろくて、何日分もためていたりする事もありました。
(家族7人で、何日分かの洗濯物は大変な物です。)

でも、今は朝起きたらすぐに洗濯をしている様子です。感謝!!!

マイナス点 洗濯や乾燥が終わったら 「ビー」と音が鳴るので、お昼寝をしている娘が「何かいる〜。音がした〜。」と泣き出しました。

今までの物は、そんな音なんかしなかったのです。彼女もすぐに、その音に慣れてくれるでしょう。

** 夫は私がへそくりを持っている事を知っていました。どの辺に隠してあるという事も知っています。
そして、夫は私のへそくりは使いませんでした。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-30 02:30 | 家族

春休み (夫の祖母)

e0062685_391422.jpg春休みは夫の祖母の家のペンキ塗りだったのですが、義両親の家と、祖母の家を往復する時には、義父のトラックに子供達は乗って行きました。

敷地内だし、田舎なので、子供達はトラックの後ろに乗って行きます。

これがまた楽しかったようです。

車で通りすがっても、道を歩いていても、誰かとすれ違うと全く知らない相手でも手を降ります。南部の田舎って良いですよ。


義両親の家には、夫の祖母が生前に作った物が沢山ありました。
アメリカ人の昔の人って、本当に色々な物を作ったみたいです。これは、ほんの、ほんのごく一部。

e0062685_364220.jpge0062685_37226.jpg

写真がぼやけているのですが、小さなコヒーカップをレースのカギ編みで作って、それにまた小さなバラの花を編んで、カップとソーサにもつけているのです。
こんな小さな糸で編むなんて、本当に根気のいる仕事です。
夫の祖母は、テーグルクロスや小物や沢山の作品をも残しているのです。しかも本当に細い糸でです。
全てを、お見せできないのがとても残念です。


** 〜 ** 〜 ** 〜 **

夫の実家に帰った時に、雪が降ったのはお知らせしました。
そこで、塩車(道路がすべらないように塩をまく車)が出たので、車は塩だらけ。
これではいけないと、自分の街に帰って来てから家に着く前に、洗車に行きました。

e0062685_374840.jpge0062685_38441.jpgご存知の様に、この建物の中を通ると、自動的に洗車をしてくれます。(全てで3ドル)

私は10年ぶりくらいに洗車機の中を通りました。

長男は小さい頃、洗車機の中を通るのが怖くって、良く泣いていました。

車が自動に動くので子供達は、「お父さん運転をしているの?」なんて聞きました。
子供達は目を丸くして、外の状況を見回していました。

洗車機から外に出たら、大きな掃除機の機械がいくつもありました。
本当は車一台に、一つの掃除機なのですが、人が(車が)少なかったので、2機の掃除機を使い、車の中を掃除しました。

これも春休みの良い思い出です。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-29 03:30 | 家族

新聞記事 

先日、クリスチャンだからという事だけで殺される記事、殉教を載せました。

今日は、今現在ある事をお知らせします。
アフガニスタンに、ラーマンさんという方がいらっしゃいます。
彼は、1990年にイラクでのクリスチャンの救護活動の手伝いをしていました。
その時に、主イエス様を受け入れてクリスチャンになりました。彼はイスラム教徒でした。
彼の妻は子供達を連れて、彼を置いてでいきました。

つい1ヶ月前、アフガンの警察官が彼が聖書をもっている事を発見しました。
すぐに、役所に知らせ、それから彼は牢屋に入れられました。
彼の裁判が今行われているという事でした。

出て行った妻と二人の(多分二人だったと思います)子供達も彼の事を訴えているのです。
その裁判で、彼を死刑にするかどうか判断中だという事でした。

彼の親戚は「イスラム教を捨ててクリスチャンになるなんて、あいつは気が狂っている」と言っているそうです。
彼は「私は気が狂っているのではない、主イエスキリストを神と崇めるクリスチャンになったのだ。」と答えているそうです。

イスラム教徒でクリスチャンになる事は、家族や仕事など、自分のもっている物を全て捨てないとならなくなります。

アフガンの裁判では、「彼は狂っているのかも、、。」と言う事で釈放になるかもと言っていました。
(まだ全く分かりません)
でも、アフガンのイスラム教徒の人たちは、「イスラム教徒の恥だ」と言い、彼を殺そうと計っているとの事です。
多くのクリスチャン達は、ブッシュ大統領に介入するように懇願しているとか、、。

彼は、「死ぬのであれば死ぬし、主イエスキリストによって生かされるのであれば生きる。」とも言っているそうです。

アメリカは年間何十億(何百億かもしれません)もお金を使ってアフガンの建国に、また保護に力を入れているのに、宗教も自由に選べないなんて。などと言っていました。

日本でもこの報道はありますか?

もしこれが、クリスチャンがイスラム教になり、クリスチャンがそのイスラム教徒になった人を殺そうとしているのなら、大きなニュースとして世界中を巡っている事でしょう。




人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-28 05:17 | 全能の主

春休み (夫の実家)

今日は夫の実家を少しご紹介します。
クリスマスや、アメリカの葬式などの記事で少しは写真を出したのですが、今日も少し載せてみます。
e0062685_4533619.jpge0062685_4535632.jpg
手前に道路があり、それが左側に大きくうねり、丘の峰を伝って義両親の家まで続いています。
(写真を撮った時には雪が降っていました。)

彼らはヤギを沢山飼っています。
草が長くなると芝刈りが大変だけど、ヤギを飼っているとヤギが草を食べてくれるから、と言っていました。
(家の周りは芝刈り機で芝を刈ります。)
e0062685_5224822.jpge0062685_5213692.jpge0062685_5215538.jpg
彼らは何件も家を建てた事があるので、ここの設計も自分たちの好きなようにしたという事です。
(アメリカでは何件も家を建てるのは珍しい事ではないのです。)
台所では、義母が良くおいしい料理を作ってくれます。
また、彼女はキルトが上手で、壁に飾ってあるもの、ベットにかかっている物も作りました。
義父は木工製品を作るのがとても上手です。市場に出して売ったりもします。
ここは私たちが帰った時にいつも寝る部屋です。
ここにある木製のゆりかごは、長男が生まれた時に義父が作ってくれたものです。
うちは家が小さいので、これを置く場所がなく、長男だけこの中で寝ました。長男が少し大きくなったら、すぐに義両親の家にもって来ました。(何しろ場所がないもので)



義父は牧師です。
夫は牧師の子として育ったのです。だから嫌な事も沢山体験したそうです。

南部の田舎の教会は、ファミリー教会が多く、一つのファミリーやそのグループに属してない人は、ちょっと大変な思いをする事が多々あるそうです。
つまり、教会を仕切りたい人について行かないと痛い目に会うという事です。
多分その人たちは、毎週教会に行って、聖書ももっていて、イエスキリストは神様だと信じていても、クリスチャンではないのでしょう。

義父は、大きな会社の部長クラスだったのだそうですが、ある日「神様が牧師になれと言っている。」と言って会社を辞めたのだそうです。
それから、生活も楽でない牧師生活が始まったのだそうです。

引退も近くなった頃、義父はこの地区(郡)の一番上の牧師長になって欲しいと、色々な教会の牧師達から頼まれたのでそうですが、「いえ、私は引退し、妻と一緒に楽しい時を過ごしたい。」と言って断ったそうです。

今はある教会の牧師がいないので、そこの教会に牧師が見つかるまで、そこの牧師をしているとの事です。
でも、「それも後2週間で終わる。」と喜んでいました。
まだその教会には牧師は見つからないのですが、義父がそこの手伝いをしだした時に、その教会は牧師探しをしなくなったのだそうです。多分、義父がそこで働いてくれると思ったのでしょう。そして、その教会からも「ここの牧師になって欲しい」と頼まれたそうです。
義父は、「もうきちんと最終日は言ってあるから、牧師が見つからなくとも辞める。」と言っていました。

義父は冗談を言って人を笑わすのが上手です。
でも、私が結婚した時には私の英語が全くわかりませんでした。
私が一生懸命話ても、ちょっと不思議な顔をして笑っていました。
そして、どうしても私と話したい時には「シャーリー!!!」と義母を呼びます。
彼は学生時代、外国語を一度も学んだ事がないので、外国人が何を話したいのか「感」が冴えないのだと思います。

ついこの前、「近頃、千絵子の英語が少しわかるようになったよ。」と喜んでいました。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-27 05:43 | 家族

春休み(祖母の家)

今週は春休みです。
なんと、夫が水曜日から今週一杯休みを取ってくれました。感謝!!
この休みは何をしようかな〜 ♪♪  と思っていたら。。

夫 == ノースキャロライナに帰ろうか。

私 == ワーイ、ワーイ ♪♪、スキーに行くんでしょう ♪〜♪。

夫 == いや、両親の手伝いをしたいんだ。

私 == えっ!! 何の事??

夫 == 祖母が亡くなって、僕の両親は祖母の家を貸したいのだけれども、あのままじゃぁ貸せないから内装を作りなおしているんだ。その手伝いに行きたいんだ。

私 == 〜〜、、、そうだね。いつもお世話になっているものね。

そこで春休みは夫の実家へ帰り、義両親の手伝いをする事になりました。

〜〜**〜〜 夫の実家へ帰る車の中 〜〜**〜〜

私 == 何だか子供達がちょっとかわいそうな気がするんだけれど。せっかくの春休みなのに、スキー場は義両親の家の近くだし、『スキーぐらいさせてあげたいなぁ。』とか思うんだけど。

夫 == 、、、、、。いつも休みだからって、子供達の為に何かしなくても良いと思うよ。彼らの祖父母の手伝いをさせて、日頃の恩を返す事を学ぶ事も大切だと思うよ。
それに、秋休みは1週間もディズニーに行ったばっかりじゃないか。

私 == そうだね。。。(と言いながら、やっぱりちょっと心が吹っ切れない)

実家に着くと、義両親は「手伝いに来てくれるなんて思わなかったよ。」と、とても驚いていました。


祖母の家は義両親のしたにあります。

下と言っても、義両親の家は丘の上にあるので車で行き来をしないといけません。
(義両親の家は祖母の家から撮ったものです)
e0062685_6594226.jpge0062685_70358.jpg


祖母の家に入ってびっくり、何にもない! 義両親は二人で片付けていたのです。
e0062685_781316.jpge0062685_783392.jpge0062685_785144.jpg


中型トラックで、14−5回ゴミを捨てに行ったという事でした。だって、荷物がすごかったもの。

1日目 ==
子供達も皆一緒で、私たちは壁にペンキを塗りました。
昔のペンキを消す為に、一度白いベンキを塗ってから、本当の色を塗ります。(1日目は白いペンキのみ)
上の二人は私たちとベンキを塗りましたが、下の3人は外で走り回っていました。

2日目 ==
外はなんと吹雪き!!(春は何処??) 
下の子供達は外で遊べないので、義両親の家で遊ぶ事になり、長男はベピーシッター。次男は私たちとベンキ塗りをしたいという事で、一緒に行きました。

朝から夕方まで一日中ペンキ塗りをしたのに、次男は一言も文句を言わず「次は何処をするの?」などと聞いてくれました。

長男は、朝私たちが家を出る時に、携帯電話番号を控え(祖母の家は電話もトイレもまだ使えない)
「お母さん心配しなくても良いよ。僕がちゃんと面倒を見るから。」と言ってくれました。
* 次男がベビーシッターをしたいときもあるのですが、子供達は彼の言う事を聞かないのです。(残念)

子供達の協力で、無事にペンキ塗りが終わりました。
義両親達は、私たちが手伝いに行った事にとても感謝をしてくれました。


〜〜**〜〜 自宅へ帰る車の中 〜〜**〜〜

私 ==
 あなたの両親の所へ行って、手伝いをしようと決めてくれてありがとう。
いつも義両親は何かと私たちの手伝いをしてくれるものね。子供が生まれたときも、引っ越しの時も、私の両親が亡くなったときも、何にも言わなくとも手伝いに来てくれるものね。
私は自分の事しか考えないエゴ人間だったよ。
それに、手伝いをしている時に、「あ〜、私も義両親の役に立てているんだ。」って嬉しかったもの。
本当にありがとう。あなたの判断は正しかったよ。
いつも、何かあるときちんと結論を出してくれてありがとう。

夫 == いつも両親にはお世話になっているものね。あのペンキ塗りを二人でなんて、大変な事だよ。特に天井のペンキ塗りは父親より、僕がしてよかったよ。彼がすると、腰がいたくて2−3日動けなくなったかもしれないものね。


***

私の満足感だけでなく、子供達もとても楽しんでくれました。
帰る時には、「もっとここにいた〜い。今度はいつ来れるの??」などとしきりに聞かれました。

自己中心の生き方をしている私を、いつも正してくれる夫に感謝の春休みでした。
おっと、まだ春休みは終わっていませんけれどね。(後1日)

急な事で、2−3日留守にしたのに、私のブログに遊びに来てくださった皆さん、コメントを残してくださった皆さん、TBをしてくださった皆さん。どうもありがとうございます。
少しずつ、コメントをしたり、そちらにお邪魔させていただきますね。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-26 07:54 | 家族

ミミのカフェ

昨日、親友リサと夕食を食べに行きました。夫はまたもや、5人の子供達とお留守番。(ごめん)

最近できたカフェです。彼女は一回行った事があって、とても気に入り、私にも行って欲しいとの事。
そこに着くと、駐車場には車が一杯。
「これは30−40分ぐらい待たないといけないのかな?」と思いきや。すぐにすわれました。

e0062685_6352784.jpge0062685_6362160.jpg二階にはドラムセット。

私の頂いたのは、スイート&サワー シュリンプ
別のウエイターが持って来てくれた時に
「いい選択!!」と言い、置いて行きました。

確かに、美味しかったです。

とてもいい雰囲気で、隣のお客さんとのスペースもゆっくりあって、おいしい食事をして、リサと沢山話しました。

そこで気づいた事。。。

私たちの隣には、二組の家族が一緒に食事に来ていました。その二組の家族合わせて子供は6人。
また、ちょっと奥の方では一組の夫婦が4人の子供と食事、奥さんは妊娠8ヶ月くらい。

その子供達は静かに、またマナー良く食べていました。リサと二人で、
「子供達は躾がしっかりとできているね。食事が終わってから『きちんと躾のできた子供達ね。』って言って上げようよ。」と話しました。

私たちの食事が終わって、私がその4人の子供と夫婦の所に行って
「子供達は、とても静かにマナー良く食べていますね。家できちんと躾ができていないと、外に出た時にきちんとできませんよね。家できちんと躾をされているのでしょう。」
と話しかけました。
彼女は笑って「どうもありがとう。」と言ってくれました。
話によると、彼女達は女の子を養子にするとか、すごいものです。
私たちの上がいました(当たり前ですけれど)。
一番上の子は6歳くらいです。そのしたに4人半。そして、養子の女の子。
(私たちもこうしちゃいられない! ー 何がいられないんだか。)

そして、二組の家族にはリサが「いい子供達ですね。」と言ってお店を出ました。

私たちも5人の子供を連れて、たま〜にレストランに行きます。
その時に、そこのウエイトレス、お店のお客さん(特にお年を召された方)が良く話しかけてくださいます。

ニューヨークに行ったときも、カナダに行った時にも、フロリダに行った時にも、もちろん自分の街でも。
ウエイターやウエイトレスからほめられる時には、良くおまけのデザートやオモチャが出て来ます。
お年を召されたお方々からは、「自分たちも子育てをしたよ。君たちの苦労はよくわかるよ。」なんて言われます。

子育てをしている中で、他の方から「良く躾ができているね。マナーがいいね。」と言われるのは、
勲章をもらった事と同じです。本当に嬉しくなります。

だから、私たちも躾のしっかりできた子供達を見たら、特にご両親に「良く躾がなされていますね。」と声かけをします。

そう声をかけられるとどんなに嬉しいか知っているからです。
どうぞ、皆さんも声かけをしてみてください。

** うちの子供達のマナー
食事や飲み物を注文する時には、相手の目を見て、「〜〜を下さい。」とはっきりと言う。
(それぞれの子供に注文させる)
持って来てくれた時には、相手の目を見て「ありがとうございます。」とはっきり言う。
レストランでは、大声で話さない。
あとは、食事をするときのマナーです。
これだけで、おまけのオモチャやデザートがもらえたりするなんて、もうけものですよね。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-23 07:16

コインロッカー

昨日友達から電話がありました。
日本にいた宣教師がいまアトランタに帰っていらっしゃるのですが、その方に日本の病院から電話があったそうです。

「子供を産んだ親がその子供を育てられないから誰か引き取ってください。」との事。
その宣教師の方はすぐに日本へ発たれたとか。

私たちがその赤ちゃんを引き取りたいと願ったのですが、もう既に、その赤ちゃんはまだ子供のいない牧師夫妻の所に行くことになっているそうです。

何よりも、
その母親がその子がお腹の中でまだ小さい時に、その子をおろさなかった事を心から感謝します。

日本でも、病院で産んで、「この子供を自分では育てられないから、どこかにやってください。」と言う人がいるそうです。
私はみんなおろされるとばかり思っていました、命を与えてくれるだけでも感謝です。。

でも、日本の病院は、その子が何処に行こうが全く気にしないそうです。
できれば、施設で育つより、養子にもらわれ、両親の元で育った方が良いのですが、そういう考えの医者は少ないという事でした。
* 面倒くさいし、かかわり合いになりたくないからだそうです。(施設に入れる方が簡単なのだそうです。)

その宣教師さんにいつも連絡をしてくださるお医者さんは、もう亡くなられたそうです。だから、病院からの電話が無くなったのに、ついこの2−3日前に電話があったそうです。

友達の話では、駅のコインロッカーに、生まれた子供を入れて置き去りにする事が、日本では良くあると言います。
私も前に聞いた事があります。でも、今はもう無くなったと思っていました。

今では、もうニュースにさえならなくなったのですね。
それほど多くの生まれて間もない子供達が、コインロッカーに置き去りにされているのですね。
その事を日本人は何も感じないのでしょうか。
私は胸が痛くなってしまいました。

その宣教師さんは、一つ一つの駅に自分の名刺を置いて、「子供が見つかったら私に知らせって下さい。」と、お願いしているのだそうです。

私は、その駅に置き去りにされている子供達を全部引き取りたいです。

私だけではなく、私の義姉さん、教会の人々、殺すのだったら私たちに育てさせて!と言う人が沢山います。

いまでも、駅のコインロッカーに置き去りにされている子供がいるのでしょう。この世に生まれたのに、暗闇の中で、ひとりぼっちで、こんなに寒いのに、どんなに寂しく悲しい事でしょう。

もし、そういう子供がいたならば、どうぞ私にお知らせください。
おろしてしまう事は簡単な事です。
でも、産んで「この子を誰か育ててください。」という事はとても勇気のある事だと信じます。


今朝方夢を見ました。
小さな生まれたばかりの女の赤ちゃんを抱いていました。
生まれたばかりで、本当に小さくて、顔はクシャクシャでした。
私の腕の中で小さな吐息をたてて寝ていました。時々指先を動かしました。

昨日友達とそんな話をしたからそういう夢を見たのでしょう。

* 生み分けをしたくて男の子が欲しかったけれど、女の子みたいだから、この子はいらない。
* 子供なんか欲しくないのに、妊娠してしまった。

もしそう言う方がいらっしゃったら、そういう方をご存知だったら、その子供の命を消す前に、どうぞ連絡をしてください。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-22 04:43

ミートローフ

土曜日からアトランタに行ったのですが、集会の後、夜の1時過ぎまで話し込み。
同じ部屋の子が朝の4時に出なくていけなくて、3時半からバタバタとしていて、その音で全く眠れませんでした。

何だか何にもする気になれず、家の中も掃除をしなければいけないのに、ボーットしていました。
お昼ご飯はうちの次男がコックになって、皆にサンドイッチを作ってくれていました。
そこで、今日は娘と一緒にたっぷりとお昼寝をしました。
昼寝の後は、子供達と一緒にビデオを見て、何だか1日怠慢な日でした。

春休みだから、まあのんびりでも良いかぁ〜。なんて思ってしまっています。
でも、今日は朝からみぞれ、春休みなのに。

うちの入り猫(雄の三毛猫)は、彼の猫小屋で丸くなっています。
家の中に入れてあげたいのですけれど、何しろ私と長男がアレルギー、仕方ありません。


**〜**〜**

ずーっと前にミートローフを作った時の写真を撮ったので見てください。
たまには私も手抜きでない料理も作るのです。

e0062685_10113526.jpge0062685_1012491.jpge0062685_1012257.jpg


普通はお肉1パウンドで作るのですが、うちは大家族なので2.5パウンドで作りました。

ミートローフの上に乗っている赤い物は、ケチャップ、からし、フラウンシュガー(日本語で何ていうか忘れました)を混ぜたソースです。

ジャガイモは、オニオンスープのもと(粉状)と油と混ぜてオーブンで焼き、サワークリームを上にのせました。
サワークリームは別になくても良いです。

うちは、皆ミートローフが大好きです。ミートローフって日本のハンバーガーみたいな物ですよね。
このレシピは長男を出産した時に、教会の人が夕食を作って持って来てくださったのです。
それがあまりに美味しくて、レシピを教えてもらいました。感謝!



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-21 10:30 | 料理

アトランタでの集会

行ってきました、アトランタ。
楽しい時を持てました。主に感謝! 夫に感謝!

土曜日は、ジョージア州だけからではなく、テネシー、アラバマから人々が集まり、素晴らしい集会になりました。
ゲストスピーカーは「恵子 ホームズさん」
彼女は、英国エリザベス女王から、大英第四級勲功章を受章されたお方です。
彼女のお話もすごく感動をし、聞きながら涙が込み上げて来ました。
彼女の話は、また次回お話をさせていただきます。

ここでも、讃美をし、話を聞き、話し合い、またおいしい食事も頂きました。

e0062685_12422746.jpg左から、コータローさん、ジェイソン、妹さやか。
(さやかはクリスチャンとしての妹です)

コータローさんの車に乗せてもらって、アトランタまで行きました。

ジェーソンは日本語がペラペラ!!
彼の日本語を聞いていると、漫才を見ているよりも楽しくさせてくれる人です。

さやかは、春休みにLAに行くので、会えないと思っていたのに、ここの集まりで会えて本当に嬉しかったです。




e0062685_12493992.jpge0062685_12495898.jpg同じ街から行った、みなこちゃん。

そして、右の写真の子はヒロキ君

彼は、ピアスを沢山しているし、入れ墨もしているとか。

ヒロキ君 == クリスチャンになる前です。若気の至りです。

私 == あなたまだ若いじゃないの!(彼はたしか19歳)

ヒロキ君 == こんなにピアスをしていても、入れ墨をしていても、イエス様は俺を許してくれる。こんな俺でも、愛してくれている。その愛をみんなに伝えたい。

なんてカッコいい事を力説してくれました。彼は本当に素直で、とっても良い青年でした。
ヒロキ君、是非また会いたい!!



日曜日は、ノークロスバプテスト教会に行きました。
行く途中、一晩お世話になった賛美さん(これは名字なのです)に、マックの朝食セットをみんな買っていただきました。
快く泊めてくださって、マックの朝食まで頂いて、賛美さん感謝です!!!

e0062685_1364092.jpgこれは日曜学校の写真で、賛美さんご家族は教会の準備をしていらっしゃって、残念ながらこの写真には載っていらっしゃいません。

教会でも、優しく素晴らしい方々に沢山お会いできました。
「泊まる所なんか心配しなくていいから、いつでもいらっしゃい。」
なんて何人もの方々から言っていただきました。
こんな優しい声かけをしていただけるなんて、本当に感謝です。

教会が終わったら、月に一度のお食事会。
ここでも沢山のおいしいお料理を頂きました。

帰りの車の中で、「本当に楽しかったね。」を皆で連発しながら帰りました。
祝福された週末を、主に感謝します。

** 帰りは日本食屋「トマト」で、沢山食料品を買って帰りました。


入れ墨

あるクリスチャンの人でも入れ墨をしている人がいます。 イエス様の絵とか、十字架とか。
また、旧約聖書の事は新約聖書の時代になったら、それほど深く考えなくとも良い。という考えの人もいます。
でも私個人としては、「入れ墨はで、クリスチャンであればするべきではない。」と信じます。

旧約聖書  レビ記19:28
あなたがたは死者のため、自分のからだに傷をつけてはならない。
また自分の身に入れ墨をしてはならない。わたしはである。

新約聖書 マタイ 5:17
わたし(イエス様)が来たのは律法(決まり)や予言者を廃棄するためだと思ってはなりません。
廃棄するためにではなく、成就するために来たのです。
* 成就 == そうなるように

もちろん、ヒロキ君のように知らなかった人も沢山います。それはわたしが毎日犯している罪と同じだと信じます。
でも、その聖書の個所を知っているのにするクリスチャンは、その人と神様との大きな問題だと信じます。





人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-03-20 13:50 | 全能の主