<   2005年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

別れ

今日は宿題もあったのですが、一日中(自宅学習日)次男中心に遊んでいました。
夕方の6時半に家を出て、ノースキャロライナの夫の両親と待ち合わせをしました。いよいよ次男とお別れです。1時間程行った所のレストランで待ち合わせをしました。
20−30分くらい両親と立ち話をしている間、子供達は芝生の所で遊んでいました。
義父さんから「 明日早いんでしょ。じゃ、来週ね。」と言われて、子供達はみんな次男とハッグ(抱き合う)をしました。

母 == おじいちゃん達の言う事を良く聞くんだよ。
と言って、次男を抱きしめると。涙がぽろぽろ出てきました。長男も私の後ろに隠れて泣いていました。次男がおじいちゃん達の車で行くのをずーっと手を振って見送りました。

車を走らせて10分くらい、長男、三男、娘、私と皆で大泣きをしましたリチャードに「これで良いんだよね。辛いけど正しい事をしているんだよね。」と言うと。彼も目頭を何度も何度も押さえながら、うなづいていました。
父 == こんなに悲しい事は始めから分かっていたけれどね、、、。これを期に彼も変わってくれるとありがたいんだけれどね。
母 == 変わってもらわないとこまるよ。

ちなみに私達が大泣きをしている時、四男は歌を歌っていました。ギャグですよね。

明日は高速12時間の車の旅です。主イエス様にあってこのたびが守られますように。

ps、フロリダに行くので、私のブログは1週間のお休みです。子供達の発言やら、おかしい出来事を沢山メモしてきます。
[PR]
by chiekol | 2005-09-24 13:55 | 子育て

かなしさ

今日はあきちゃんが来てくれて、聖書勉強会をしました。
聖書の事ばかりでなく、色々な話ができて本当に楽しい午後でした。
誰かが「聖書勉強をしたいんだけれどぉ、、、」なんて言ってくれのは、私にとり100万円の価値です。またあきちゃんが誠実に聖書勉強に来てくれる事を本当に感謝します。
そのあきちゃんが来てくれる前に、次男の先生から電話がありました。

今日算数のテストがあって、次男は95点でクラスでトップだったそうです。彼女は次男の性格を知っているし、私達が悪戦苦闘しているのも知っていてくれます。だから、私達がどんなに喜ぶか、また次男がどんなに喜ぶかと思って電話をしてくれたのです。彼女は「次男にすぐに知らせてね。」と言ってくれました。
次男のクラスでは毎週クラス委員長を決めるのだそうです。次男の隣で本の読めない子がいるのですが、次男はその子がクラス委員長になれるように一生懸命なのだという事も教えてくれました。

あきちゃんと聖書勉強をしている間、子供達は裏庭でフットボールを蹴ったり投げたりして遊んでいました。
あきちゃんが帰った後に、一生懸命遊んでいる次男を見て、涙が止まりませんでした。泣き方も、ポロポロと涙が流れるんじゃなくって、大声を出して泣きました。
子供達も、「明日次男はおじいちゃん達の所に行っちゃうし、今日しか遊べないんだ」と言い遊んでいました。1週間も会えないんだものね。
遊び終え、汗をいっぱいかいて、顔を真っ赤にして家の中に入ってきた次男を見て、また大声を出して泣きました。

母 == 貴方はどんなにお母さんを傷つけているか知っている? 一緒にディズニーに行けたらどんなに楽しい事か。本当にこんなに悲しい思いをしないといけないなんて、、、、。
と、また大声を出して泣きました。

次男は黙って私のとなりにきて、私を抱きしめてくれました。
彼は一言も私達に怒ったり、兄弟に対してひがんだりなんかしません。
彼自身、自分の行いの結果(責任)だと知っているから何も言わないのです。かえって「お母さん、なんで僕だけ!?」とか怒ったり怒鳴ったり、愚痴を言ってくれた方がどんなに楽でしょう。

今日は昼食前の祈りを次男がしてくれました。
次男 == 僕の両親や、兄弟妹達が、ディズニーで楽しい時をもつ事ができますように。また、旅の安全を主イエスの名によって守って下さい。
と祈りました。

学校のお母さん方やお父さん方は、「私達はできない事だ。いつもドタンバになったら、まあ良いかぁ、次回からね。なんて言ってしまう。貴方が一番辛いねぇ。」と言い私をだきしめてくれます。
子供を持つ親として、しなければならない事が沢山あります。私にとって今回が一番辛い時です。主イエス様がこの時を祝福して下さいますように。
[PR]
by chiekol | 2005-09-23 13:07 | 子育て

長男

長男の宿題が早く終わったので、TVゲームをしたいとの事。
次男はまだ、宿題に追われていました。特にスペリングテスト(単語テスト)が毎週あるので、それを覚えて?いました。
私は、コンピューターをいじっていたので、長男に単語テストをしてくれるように頼みました。
ジャシュアはすぐにゲームを止めて(ポーズにして)イライジャに単語テストをしていました。ご存知のように次男はまず勉強をしていなくて、全く不出来。間違った単語を10回づつ書いてからまたテストをする事にしました。
テストの途中、ゲームボーイの音がしました。 見てみると、長男が触っていました。

母 == なんなの、テストをしているのにゲームボーイで遊ぶとは、もうTVゲームをしたらいけない、ポーズにしているTVゲームを消して。
長男 == なんでだよ。僕はただ、ゲームボーイの電源を消したら、音がしただけなのに。
と、大声で私を怒鳴りました。
母 == その態度は良くない、ゲームはできません。消して下さい。

それからまた、次男にテストをしていましたが、それからが大変、次男がテストをしてくれている長男に少しも感謝しないし、長男が私と口論をしたと知って、もっとふてぶてしい態度を取っているのです。テストをしている途中に長男の「次男なんだその態度は!!」と言う怒鳴り声が聞こえます。
私のコンピューター遊び?が終わってから(1時間後くらい)二人の所に行くと。

長男 == お母さんは正しくないよ。僕はただゲームを消しただけなのに、それで音がしただけなのに。コンピューターなんかいつでもできるのに、少し手を休めて僕たちの事を聞いてくれても良いのに。
と涙をポロポロ流しながら訴えました。

母 == そうだね、長男が正しいね。お母さんが間違っていたよ。明日、水曜日の宿題が終わってからTVゲームをすれば良いよ。
長男 == 僕はしたくない!!!  水曜日はできないんでしょう! だって、先週「宿題が終わったからTVゲームをしていい?」って聞いたら、「平日はだめ。」って言ったじゃないか!

母 == そう、じゃぁTVゲームはしたくないの?
長男 == 、、、、、、、。

母 == 貴方はいま怒っているから、怒りにコントロールされているんだよ。怒りにコントロールされると、後で後悔するとこがいっぱいあるよ。お母さんがいつもそれで失敗する。どんな時にも自分でコントロールしないとね。本当にTVゲームはしたくないの。
長男 == したい。
それからサッカーの練習に行きました。

夜、皆が寝てから。。。
長男 == お母さん、ちょっと話があるんだけれど。
夫と一緒にいた私を隣の部屋に連れて行く。

長男 == 今日の僕の態度を許してね。
母 == 良いよ。。私が悪かったんだから。長男の言う通りだよ。ちょっとコンピューターの手を休めて、長男達の言う事を聞けば良いんだものね。

長男 == でも、僕の取った態度は良くなかったよ。次男の前で、お母さんにものすごく変な顔をしたんだもの。次男は僕のお母さんに対する態度を見たし。ご免ね。
母 == いいよ。私が悪かったんだから。

長男 == それにしても、次男には本当に腹が立つんだよね。なんだよ、あの態度。
母 == 次男はディズニーに行けないんだよ。彼の気持ちも考えてあげないとね。
長男 == 、、、、。そうかぁ。。。そうだね。

それから、サッカーの事、学校の事、ふたりでくすぐっこをしたりしながら話をしました。
母、、、私もまだまだマナーの勉強中、もっと子供達の事を考えてあげなければ。
[PR]
by chiekol | 2005-09-21 22:51 | 子育て

ディズニーワールド

この土曜日から、子供達の学校は1週間の秋休みになります。
だから、私達はディズニーワールドに行きます。楽しみで仕方ありません。アメリカでは9月が年度末なので、リチャードの仕事の一番忙しい時なのだそうです。金曜日までには終わらせてね。と言うと、一応コンピューターはもっていくとの事。
でも、その楽しみのディズニーワールドに次男はいけません。

私達は、次男の前学年末(3年生)の成績がとても悪かったので、もう一度3年生をさせようかと迷いました。担任の先生や3年生の臨時の先生に聞くと、「彼は頭のいい子だから、分からなくて成績が悪いのではないから、3年生をもう一度しても解決にならないと思う。」と言われました。まさにそのとうり、長男(7年生)の試験の前は、次男が本をもち長男に問題を出しています。

そこで私達の考えた事は、4年生の英語、歴史、理科、算数を夏休みも勉強をさせ、小テストも毎日する事です。
オープンブック(本を見て答えを探す)にしたので、テストの平均は93点以上、という事にしました。(彼らの学校では93点以上がAなので、93点以上と決めたのです)
でも、いつもテストの成績は50点とかの悪い点数。突き詰めて話を聞いてみると、全く本を読まずに、大事な所など濃い黒でかかれた言葉を、テスト問題の上から当てはめていたようです。

次男 == 兄弟は全然勉強しなくていいのに、僕だけ、、、。と不平を言いました。

両親 == 先生に宿題を出さなかったのは誰?    
両親 == 両親に嘘をついて宿題のずるをしたのは誰?     
両親 == 試験があるのに、全く勉強をしなかったのは誰?        
両親 == 夏休みに勉強をしないといけないのは誰のせい?     

次男 == みんな僕のせい。
両親 == そう! 頑張って勉強してね。  
次男 == 、、、、。

1ー2日はいいのですが、また60点とかの悪い点数。
そこで夫が「平均点が93点ないと、ディズニーに連れて行かない」と言いました。
今度はきちんと勉強をしてくれるかと思いきや、全くしません。
毎週末になるとその週の平均点を出します。その度に、「次男、今からでもまだ間に合う。頑張ればできる。」と励ましました。

母 == ディズニーにいくドタンバで、「可哀想だから次男もつれて行こう。」なんて言うかも、なんて思っていないでしょうね。私は言った事はきっとするからね。
次男 == それは分かっている。

母 == そう、じゃ貴方はディズニーには行きたくないの?
次男 == 行きたいよ。でも、勉強は面倒くさいもの。

父 == 勉強が好きで好きでたまらないという人に今まであった事なんかないよ。生きていく上ではしたくない事もしなければならない事が沢山あるんだ。まして勉強は全て自分のためになるんだよ。
次男 == 、、、、、、。            それでもテストの成績は悪い。

それで、7月の終わりに次男はディズニーに行けないと決めました。
決めたその日に、夫の両親に電話をして、私達がディズニーに行っている間、預かってくれるようにお願いしました。
夫の両親からは、可哀想にねぇ、なんか他の方法はないの?と言われました。

今回は友達がホテルを取ってくれたので、なんと私達はディズニーの中にあるホテルに泊まります。インターネットで「わぁー、このホテルだよ。」とみんなで見ていても、彼はスーッと何処かにか行きます。

次男は良く兄弟の面倒を見てくれます。次男が行けば本当に私達も助かるし、みんなで行けばどんなに楽しい事でしょう。
他の子供達もお母さん、どうにか次男は行く事ができないの?と聞きます。

 あんなにみんなで励ましたのに、夏休みにきちんと勉強をしなかったのは誰なの?と言うと、「そうだね。」とあきらめます。

3年生の時の臨時の先生が4年生の担任になりました。その先生の話を聞くと、「3年生の時と態度が全く違う。人の話も良く聞く。」との事です。

私の友達は、最初の6週目(アメリカは6週目ごとに成績表が来ます。)の成績が良かったら、ディズニーに連れて行くんでしょ、と言います。

私 == とんでもない、夏休みの勉強の結果はもう夏休みに出ているし、いまさら頑張っても出た結果は変えられない。次男自分のした行いには必ず結果がともなう、と言う事を実際体験して始めて分かるんじゃないかなぁ。

次男を抱きしめて何回か泣きました。
辛いけれど、この一度で、彼の考え(行い)が変わってくれれば幸いです。
主イエス様、貴方だけが彼を変える事がおできになれます。
[PR]
by chiekol | 2005-09-21 05:26 | 子育て

創世記

日曜日の教会でのメッセージは、創世記1:1=5でした。
創世記1:1 始めに神が天と地を創造された。
アポロ8が月を回って来た時の3人の宇宙飛行士はクリスチャンで、月と地球を映して創世記1を読みました。その飛行士が創世記を読むのをテープで流してくれました。
この創造という意味は、なにか物があるのを形を変える(板を買ってきて、滑り台を作るとか)のではなく、全く何もない所に何かを創るという意味だという事を学びました。

家に帰って昼食(昨日の残りのカレー)を食べる時に、今日のメッセージの所を話しました。
三男に、、神様は何を創ったの?と聞くと。
三男 == 全部だよ。山も木も草も動物も、全部だよ。
母 == 三男は?
三男 == えっ? 僕は何にも創らなかったよ。
全員 == 、、、、、??(爆笑)
母 == 三男は何も創れないって知っているよ。三男も神様から創られたの?
三男 == あ〜ぁ、そう、僕も創られたの。
父親 == 〜〜。 (創世記の説明をしてくれる)
話の途中で
長男 == それはいい話だね。。。ところでテネシータイタン(プロのフットボールのチーム)の試合は何時から?
両親 == 、、、、。
母 == なんということを言うの。 いまお父さんが創世記の説明をしていたのに。少しもお父さんをrespect(尊敬)した態度じゃないよね。
父 == 君の取った態度は、「貴方の話はつまらないから聞きたくもない」と言うことだよ。
母 == 長男は長男だから、みんなのお手本にならないといけないのに、どういう事なの。
長男 == ごめんなさい。そんな深い意味で話を中断したんじゃないんだ。もうすぐ試合が始まるし、みんなもみたいかなと思って。本当にごめんなさい。みんなにもごめんなさい。  と弟や妹に謝る。

まだまだ、マナーの勉強中です。
[PR]
by chiekol | 2005-09-20 04:19 | 子育て

納豆

この前急須を割ってしまったので、今朝の朝ご飯の時は紅茶を飲めませんでした。
お昼ご飯を食べてから、リチャードとオリエンタルフード(アジア食品店)へ行って、急須を見てみました。なんと、日本の品物は高いこと高いこと、50ドルは軽くこすので、結局買わずに帰ってきました。
もう少し他も見てみます。日本に帰られる方の、ガレージセールがあるかもしれませんものね。

今日はなんかカレーを食べたい気分、と思いカレーを作りました。
夕食時、子供達のカレーをよそっているとジョサヤが
四男 ==カレーは食べたくないよ。僕はご飯だけでいいよ。
母 == そんな、ご飯だけなんて良くないから、納豆をたべる?(ご飯だけとあんまりかわらないかぁ)
四男は前からカレーが好きではないのです。四男は納豆が食べられると聞いて。
四男 == イェーイ!! 納豆だ。
子供達 == なんで四男だけ。僕たちも納豆をたべる!!!
母 == お母さんがせっかくカレーを作ったんだから、今日はカレー!!!
四男をのぞいて、みんなカレーを食べてくれましたが、一口づつ納豆を分け合っていました。
うちの子達はみんなカレーより納豆が好きなんです。(ジャシュアをのぞいて)
これからカレーなんて作らないで、納豆ばかりの夕食にするよ!

今テネシー州立大学とフロリダ大学(ライバル校)のフットボールゲームが始まりました。
Go,big orange!!  (オレンジはテネシー州立大学のカラーです)

反省
オリエンタルフードのお店で、女の方が微笑んで下さったのに、私は「極上かりんとう」を探すのが必死で微笑み返しませんでした。何て冷たい人間なんだろう、と反省しています。どんな時にも笑顔をもてるように注意します。イエス様、私をもっと親切な人間にかえて下さい。
[PR]
by chiekol | 2005-09-18 09:32 | 料理

レフリー

今日は土曜日。サッカーの試合に行ってきました。
三男、四男の試合は、9時から。次男も9時から。ボールキャンプフィールド。
長男の試合は10時15分から、ピリッシッピーのフィールドでありました。
次男のチームは1対4で負けてしまいました。次男は、「あ〜ぁ、連敗だぁ」と言っています。
長男のチームは2対1で勝ちました。
三男、四男のチームは6対3で勝ちました。三男は3得点したということです。
その、三男と四男の試合のレフリーを夫がしました。
3週間前にレフリーの講習会に行き、テストを受けてレフリーになりました。(長男も一緒に講習を受けれフリーになりました。)
サイドレフリーは前にしたことがあったのですが、メインレフリーは今日が始めてです。
夫より私の方がドキドキしていた気がします。だから、彼らの試合はあまり見ず、次男の試合を観に行きました。(フィールドが隣同士なので、どっちも見れましたけれど。)
夫が試合の終わった後で、こうした方が良かったかなぁ、と独り言をつぶやいていました。
私 == 何回かレフリーをしていくうちに、なれてくるよ。
と言いましたが、レフリーの大変さも気づかされました。
ボランティアでしてくれている AYSO のレフに感謝です。

和ちゃん、今度直君の試合の様子も教えてね。
[PR]
by chiekol | 2005-09-18 03:08 | スポーツ

つぎあて

今日は朝から雨です。
子供達をおいて(今日は自宅学習の日)私はジムへ行きました。帰ってきたら、次男がちゃんと朝ご飯をみんなに食べさせていてくれました。

雨の中を歩いていて、思い出したことがありました。
2年くらい前に、小雨の中を歩いて家に帰った時、長男の靴下がとても濡れていました。
母 == なんで、、? 深い水たまりの中を歩いたんでしょう。なんでそんなことをするかなぁ。
長男 == 違うよ。
母 == 深い水たまりの中を歩かないと、こんなに靴の中まで濡れないはず。
長男 == 違うよ。靴が破けているんだよ。

長男の靴を見ると、足の親指の所が5センチくらい破けていました。
(底は何ともなっていなかったのですが、縫い目が破けていたのです。)

母 == こんなに破けていたのに、なんで言わなかったの?
長男 == だって、上の方はまだいいから、まだ使えると思ったんだ。
母  == そ、そんな、早く言ってよ。

うちの子供達は、靴下がやぶけていてもあまり気にしません。
一度は、次男の靴下の底に大きく穴が開いていたので、「靴下がやぶけているねぇ。」と言うと。
次男 == いいの、風通しが良くて。
と言っていました。

私は小さい頃、母が靴下の修理などしてくれていた覚えがあります。
一度友達に「あっ、つぎあてをしてるぅ〜。」と笑われたことがありますが、少しも気になりませんでした。
だからと言うのではないのですが、できるだけ子供達の靴下の修理をしています。子供達に物の大切さを知ってもらいたいのもあって。

でも、それも大変。新しいのを買ってきた方がずーっと楽です。
一回つぎあてをして、それが2回目に破けたら、捨てるようにしています。

母 == こんな苦労をして、靴下の修理をしているんだから、感謝してもらわないと!!感謝してる?
子供達 == はい。(無理矢理言わせている感じもないではないのですが。。。)

長男は長い間、その破けた靴を庭の芝刈り用に使っていました。
今では、彼の足も大きくなったの、はけなくなり捨ててしました。
[PR]
by chiekol | 2005-09-17 02:35 | 子育て

盗人

今日友達(リサ)から、車で20分くらい行ったところの教会で、聖書勉強会があるということで誘われました。
9時からということでしたが、今日はみんなでブランチを食べるので5分ぐらい遅れて行くかも、と言うことでした。
教会に行く前に、小児科に電話をしなくてはならず、教会には9時ぎりぎりに着きました。
5000人以上の教会員がいるだけあって、そこの教会ビルは大きく、入り口も何カ所かありました。

駐車場の前の所で15分くらい待っていたのですが、彼女は来ませんでした。もう教室に入っているのかしら、と思って教室の前に張り出してある、クラス名簿を調べました。
でも、5−6クラスのどのクラスにも彼女の名前はありませんでした。
おかしいなぁ、と思いながらも、また駐車場の前でうろうろしながら9時23分まで待ちました。
「もういいや。」と半分おこって帰ろうとしましたが、まあ教会ビルの後ろを回って帰ろうと、車を回したら。彼女が裏の入り口の所にいました。
「どうしたの、私は9時から待っていたんだよ」というと 「ごめん、ごめん」と謝まってくれました。

私の考えでは、物やお金を盗んだらそれを返して許してもらうことができます。でも、時間に遅れることは、その人から時間を盗むことになります。お金や物と違いその人の時間は返すことができません。時間を守るということはとても大切なことだと信じます。
もし、時間に遅れた時には、心からわびを言うべきだと信じます。

話によると、家を8時5分に出て、友達(パット)を迎えに行くことになっていたそうです。パットのうちに着くと、彼女は「今お風呂から出た。」と言って、玄関に出てきたのだそうです。
そこで、20分ぐらい遅れてしまい、また渋滞にもあって、教会に着いたのが9時18分だったそうです。りさは「千絵子がまっていてくれるのに〜〜。」と思うと、気が気じゃなかったそうです。多分リサ達が教会に着いた時、私はクラスを一つずつ調べていた時だったから、車を見逃してしまったのでしょう。

ブランチを食べる時に、そのパットが「ひさしぶり」とニコニコしているので。
私 == 私は9時からずっと待っていたのよ。もう少しで帰る所だったのよ。クラスもひとクラスごとに名前を調べたのよ。駐車場でも待っていたし、でも、このビルの裏にも入り口があったんだね。
パット == 私もそんなことがあったわ、違う所で人を待っていたことが。
私 == 教室に調べに行ったのはほんの2−3分のこと、駐車場の所でずーっと待っていたのよ。
パット == あ〜そう。 まあぁ、今日は来てくれてよかったわ。
と笑っていました。

心の中で、貴方のせいで遅れたんでしょう。ご免ねとか言えないの? と思い、リサに「 この人は人に迷惑をかけても、あまり感じない人なの?」と聞くと。
リサ == 人はそれぞれウィークポイント(弱点)があるの。彼女は時間にルーズな所が弱点なのよ。貴方もこの前あったから知っているでしょうけれど、彼女はいい人なのよ。

そういわれると、私も直さないといけない部分が沢山あるなぁ。と思い直しました。

でも、その弱点が自分だけでなく、他人に迷惑をかけるのはよくないと信じます。
もし本当に親友なら、私の弱点を直すように愛をもって注意をしてもらいたいと思います。それと同じで、本当にその人を親友と思っているのなら、その人の弱点を愛の言葉を持って注意すべきではないかな。と思うのですが、、、、。
どう思われますか?
[PR]
by chiekol | 2005-09-16 11:17

お嫁さん

昼食時

娘 == 大きくなって私がプリンセスになった時に、私は長男と結婚するの。
 母 == 悪いけれど、長男は私と結婚することになっているから。

娘 == え〜っつ!  そんな、私は長男と結婚できないの?

長男 == やめてくれ〜〜。 僕の意志はないの? 僕は自由に生きたいんだ。。
と席を立ってどこかへ行く。

夕食時

娘 == 大きくなって私がプリンセスになった時には、私はお父さんと結婚するの。
母 == お父さんと?  長男じゃなかったの?    それに、悪いけど、お父さんはすでにお母さんと結婚しているから。

娘 == え〜っつ!  (私をしっかりと見つめ)  私三男と結婚する。
三男 == こんなわがままで、うるさくて、いつも僕に意地悪をする娘となんか結婚したくないよ。

可哀想な娘。。


「きゅうす」
夕食を食べた後、片付けをしている時に、あやまって「きゅうす」を割ってしまいました。
母からもらった日本のきゅうす。もう10年以上も使っていたものです。
毎週末、夫が朝食を作り、そのきゅうすで紅茶を入れて、二人で飲むのが週末の朝食でした。

私 == お母さんからもらった「きゅうす」、ずーっと使っていたのに。
夫 == 形あるものは壊れるんだから、気にしなくともいいよ。これも物でしかないんだから、お母さんの思い出は心にあるでしょう。
と壊れた「きゅうす」を片付けてくれる。

私 == でも、夫じゃなくって私が割ってよかったよ。あなたが割っていたら、チョウ怒っていたよ。
夫 == 僕もそう思う。クラムガ(私が昔やっていた、イスラエルの格闘技)で、殺されていたかも。
私 == 、、、、。(否定できなかった。)
[PR]
by chiekol | 2005-09-15 09:01 | 子供の意見