カテゴリ:子育て( 54 )

遅く起きた朝

今朝、まだベットにいたら、三男と四男の話声が外から聞こえて来ました。
えっ!!まだ6時半なんだけど。

裏庭で電気をつけて遊んでいました。外はマイナス2度!!
外はこんなに寒いのに何をして遊んでいるのでしょう。  ねこでした。

下におりておいったら、食卓の上にご飯茶碗に2個、シリオ(シリアル)がありました。

e0062685_4275982.jpg母 == 誰なの、ちゃんと食べてから遊んでくれな〜い!!

三男 == それは、娘がしたんだよ。

母 == むすめ〜。ちゃんと食べてから遊んでくれない。

娘 == これは、お父さんとお母さんの分。食べてもらおうと思って準備していたの。

母 == えっ!! 私たちの為に。でも、お父さんはもう仕事に行っちゃったよ。

娘 == ふ〜ん。

母は娘の心に感謝でいっぱいになりました。

** 〜 ** 〜 **

クリスマスあけから久しくジムに行っていないので、今日こそはジムに行く勢いでしたが、、。
やっぱりねぼすけの私はジムのクラスに間に合いませんでした。
そこで
e0062685_4365813.jpgこの前ウォーマートで、タイボーのDVDが9ドルで売っていたので、買いました。

それを皆でしました。

最初は皆でしていたのに、一人抜け二人抜けて、最後は私だけ。
たった35分の短いDVDなのに、動機息切れ。

長男 == お母さん、足が曲がっているよ。
もっとしっかりのばさなきゃ。


母 == 辞退者は黙っていてよ!!

ぶろぐひろば    子育てブログランキング
読んだら必ずクリックをお願いします。
[PR]
by chiekol | 2006-01-28 04:47 | 子育て

むすめ

いつも朝になると娘が私の隣に寝ています。
どの子もこの過程を通って来たようです。

長男の時にはアメリカ人の夫の言う通りに、部屋にカギをかけて寝ました。
子供と夫婦は別だという考えからです。

でも、それにもめげない長男、夜中にドアをドンドンと叩いて
開けて!! 開けてよ!! とどなりました。

今は娘です。
夫の方に行くと「自分のベットで寝なさい。」と言われるので、いつも私の所に来ます。

でも、彼女が部屋に入ってくる時に、ドアをバタンバタンと音を立てるのには困りました。

母 == そんなに音を立てて来ると、お母さんは目が覚めるし、それからはなかなか寝付けない時があるんだよ。困るよ。私たちの部屋に来ないでくれない。

と言ったあと、彼女は本当に気をつけてドアの開け閉めをしています。
今朝も、全く彼女が来たのに気づきませんでした。

教会のある人に言ったら「そんな事うちでは絶対にさせないよ。絶対に子供は自分の部屋に連れて行くよ。」と言われました。

赤ちゃんの時には一人で寝せつける事に専念していましたが、「一人で寝る訓練ができたら良いんじゃない。」なんて甘い考えを持っています。これって良いのでしょうかねぇ。

小学校に入ると、それもだんだん卒業していきます。
それまで、私の睡眠を妨害されない限り、娘が一緒に寝ても良いかな。と思っています。

休みの朝などはみんな私たちのベットに来て、一緒にテレビを見る事も良くあります。


子育てブログランキング
読んだら必ずクリックをお願いします。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-24 08:13 | 子育て

思いやり

今日は朝から、子供達が絵の具を使いたいと張り切っていました。
朝食(パンケーキ)を食べてからディボーションをして、それから絵の具遊びになりました。e0062685_3491062.jpg

小さなプラスチックの動物に絵の具で色付けをするのです。
四男の誕生日にもらったのですが、みんな必死で色塗りをしていました。


e0062685_3503635.jpg
絵の具遊びが終わってから、子供達の散髪です。

子供達だけではなく、夫の髪も切りました。
うちでは散髪なんて、私たちが結婚してから行った事がありません。

夫、三男、四男、次男、長男の順にしました。
夫が一番最初にしないといけない訳は、散髪した後、した二人の男の子と一緒にシャワーを浴びないといけないからです。

娘も「私も散髪をしたい。」と言ったのですが、「あなたは自分で切ったでしょ。」と言うと。

「あ〜あ、そうか。 ラララ〜♪♪」と、どこかに行ってしまいました。


** お昼ご飯の準備をしていると、次男が何かを必死にしています。

e0062685_357455.jpg散髪してシャワーを浴びて来たら、食卓の上が汚かったので拭いているのです。

だれも「ここを拭いて」なんて言っていないのに、一生懸命でした。

絵の具は時間が経つと固まって、なかなかとれないみたいでした。

次男 == なかなか奇麗にならないよ。

母 == もっと台拭きにお水をつけたら。

次男 == 本当だ、良く落ちるよ。

彼は私の為にしてくれているのです。  感謝!!



子育てブログランキング
読んだら必ずクリックをお願いします。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-22 04:05 | 子育て

次男

次男と三男が仲良く遊んでいました。
とすると、いきなり三男が。
三男 == やめろ! そんなに言うのは良くないんだ!!
とどなりました。

母 == どうしたの?
三男 == 次男が「三男はうんち」とか色々な悪口を僕にだけ聞こえるように言うんだ。

母 == 次男、三男に言ったの?
次男 == えっ? そんな事僕言わないよ。

母 == 三男。本当に言ったの?
三男 == 本当に言ったんだ。

そして、昨日は次男に「バスルームの掃除をしてね。」と頼みました。
彼はバスルーム掃除が仕事なのです。
今日見てみると、やっぱり何だか汚い。

母 == 次男君、バスルーム掃除をしなかったんじゃなぁい?

次男 == したよ、ちゃんと。

母 == でも、汚いよ。奇麗じゃないよ。
次男 == お母さん、うちは5人も子供がいるんだよ。すぐに汚れるんだよ。

母 == それにしても全く掃除をしていないみたいだけれども。
次男 == 〜〜〜、
(掃除をしたと言い張る。言い張る中で話が少しずつ変わってくる。)

母 ==  やっぱりしていないんじゃない。なんで、「ごめん、昨日しなかったんだ。」ってすぐに言えないのかなぁ。なんで、嘘を言い張るのかな。

15分くらい一人でいてから、私の所に来て、「お母さん嘘をついてごめん。」と謝りました。
母 == どの事を言っているの。

次男 == 三男に悪口を言った事。
母 == バスルーム掃除は?

次男 == あれはしたよ。
母 == 奇麗じゃないけど。
次男 == 僕、誠実にしなかったんだ。真ん中だけして、隅々までしなかったんだ。ごめんね。
母 == じゃあ、バスルームに行ってみよう。

次男と二人でバスルームに行って、汚い所を二人で見る。
母 == こんな真ん中の所も汚いじゃないの。掃除はしなかったんでしょ。
次男 == したよ。(あくまで言い張る)

母 == 掃除をした後の使い捨て雑巾は?
次男 == あ〜あ、あれはもう捨てたよ。

母 == ちり箱に入ってないじゃない。
次男 == 外のちり箱に捨てたんだよ。

母 == 次男、
あなたの言動は全てあなたが決めるんだよ。お母さん達はどれが正しい、どれは間違いって教えるけれど、判断をするのはあなただよ。

自分で決めて、自分で判断した行動をとるんだよ。

あなたは、自分が間違っている、嘘をついているって知っているのに、それでも嘘をつき続け自分の正当性を主張する。それは大きな間違いだよ。

イエス様はそうされるだろうか?悪魔だったらどうするだろうか?
あなたはどちらを心に持っているの?



次男は、 それでもしたと言い張ります。

いつもは問題の子と二人だけで話をするのですが、今日は他の子達の前で、次男に意見をしました。
母 == こんなに皆の前で言われて恥ずかしくないの?
次男 == う〜うん、全然。

母 == そう。 皆、次男の顔を見てあげて!
(次男は、怒った顔をしてそこを離れる。)

母 == まだ話は終わっていないんだけど。ちゃんともとの場所に来て。
(次男はふてくされた顔をして、もとの場所に来る。)

(母は、さっきと同じように自分の判断と言う事をこんこんと話す。)

母 == 何でいつもそうなの。何回言われても、教えられても、自分を変えようとしないよね。
嘘をついている自分が好きなの?

なんでいつもこんなにお母さんが言うかというとあなたが立派な人間になって欲しいから、自分で正しい判断ができる人間になって欲しいからだよ。

どんなにあなたの言動が嫌いで、腹が立っても、お母さんに取っては
あなたは私の息子だし、あなたの事を本当に愛しているんだよ。

そこまで言うと、母は涙が込み上げて来ました。
母 == もう、行って良いよ。

次男が他の部屋に行ってから、母は自分の力のなさに情けなくなり、声を出して泣いてしまいました。

長男を始め他の子達が駆け寄り、私を抱きしめてくれました。
長男 ==  次男! お母さんを泣かして、さぞ嬉しい事だろうよ! 

15分後、次男が目に涙を溜めて「お母さん、ごめん。」と謝りにきました。
二人で抱き合って「お母さんは、本当にあなたの事を愛しているんだよ。」と何回も繰り返し言いました。

彼はそれからバスルーム掃除をしました。

次男が物心ついてから、毎日バトル です。
いつになったらやめられる事やら。

** 教会のある人に言われました。

彼は強い自我を持っているから、いつも親が彼の上に立たないといけない。

一度親が引くと、親をコントロールできたと知り、二度と止める事はできない。

絶対に弱みを見せたらいけない。

どんな時でも、正しい事、悪い事をとことん言わないといけない。

彼は分かっているのに、反抗をしたいのだから。

彼は主イエス様を愛しているのが良〜く分かる。今頑張れば絶対に光が見えるから!



いつになったら光が見えるのでしょうか。早く光が見たいものです。




子育てブログランキング
頑張れ!と、応援のクリックをお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-21 11:29 | 子育て

睡眠時間

赤ちゃんは、本当に良く寝てくれます。

e0062685_147239.jpg

一昨日は8時半にベットにいれたら、朝の8時半過ぎまで寝ていました。
夜中にちょっとぐずりましたが(そのままにしていたら、また寝入りました)、良く寝てくれます。

学校のある日はこれでは間に合わないと、昨日は8時にベットに入れました。
やっぱり8時過ぎまで寝ていました。

今夜は7時にベットに入れる予定です。



16歳の母親は高校生、彼女は学校に行く日は赤ちゃんを保育園に連れて行かないといけません。

赤ちゃんに取っての睡眠は、食事と同じように大切なものです。

高校に行く前に保育園に連れて行かないといけない、そうなると6時くらいには起こされているのでしょうか。
夜は何時に寝かされているのだろうか、ちゃんといつも寝る時間を守られているのだろうか、なんて考えてしまいました。


赤ちゃんの離乳食。

アメリカは本当に合理的にできていて、赤ちゃんの離乳食も簡単に安く手に入ります。


e0062685_1533196.jpg
これはガーバー商品です。
どれも68セント。

今日の食事は、ベジタブルとビーフ。 
七面鳥とご飯そしてお野菜。 ラザニアとミートソース。

まだまだ本当に沢山の種類があります。

手間ひまかけて離乳食を作るのも愛情。
私はその手間ひまかける時間を子供と一緒にいたい

それに、これだけの材料はなかなか揃えられません。
感謝です。


子育てブログランキング
読んだら必ずクリックをお願いします。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-18 02:08 | 子育て

四男の誕生日

昨日は(11日)は四男の誕生日だったので、次男がケーキを作ってくれました。

近くのお店には、子供が二人乗れる車付きのカートがありました。
子供達はそのカートに乗るのが大好きです。そこで、ケーキミックスを買いましたが、そこはとても高かったです。
もう二度といきません。

家に着いたら早速次男がケーキ作りを開始しました。

e0062685_728880.jpge0062685_7282844.jpg



e0062685_7353612.jpg

誕生日はその誕生の子がレストランを選ぶ事になっいます。

彼はお寿司が好きなので、寿司屋に行く事になりましたが、水曜日は教会で中学生(長男)の聖書勉強会があるので木曜日に延長です。

そこで、家では私がちらしすしを作りました。
(ご飯を炊いて混ぜるだけ、またもや手抜きでごめん。)



それぞれのケーキに、自分の好きな飾り付けをします。
もちろん皆「僕もケーキにろうそくを立てたい!」とのこと。みんなろうそくを吹き消すのが大好きです。e0062685_7362227.jpge0062685_7364287.jpg



子育てブログランキング
読んだら必ずクリックをお願いします。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-13 07:46 | 子育て

正直なイライジャ

昨日ホワイトミックスを作っている時の事です。
ホワイトミックスの写真を撮ろうとしたら、シェーナがその隣でポーズをしきりに決めて微笑みかけるのです。

母 == 写真を撮って欲しいの?

娘 == 撮って、撮って!!

e0062685_12212382.jpg

彼女の前髪を見て下さい。

3週間程前、マイカが自分の髪を切るのを見て、彼女も自分の髪を切ったのだそうです。

本人は「かわいいでしょ。」なんて言っていました。



e0062685_1224963.jpg

そして、相変わらずの三男。

スタンプを見つけて自分の顔にペタペタと、そして親切な彼は娘の顔にもペタペタとスタンプを押してくれました。

母 == なんでこんな事をするの?!

娘 == 三男がしてくれたんだよ。

三男 == ご、ご、ごめんなさい。



次男 == お母さん、ごめん。それは僕のせいなんだ。僕が最初にマイカの顔にスタンプを押したから、彼らがおもしろがってもっと押したんだ。僕のせいなんだ。

他の兄弟が怒られているのに、その事に対して「自分のせいだ」と言った次男に驚きました。主イエス様は少しずつ彼を代えて下さっているのでしょう。感謝!!!

** 顔にスタンプなんか押しっこするなんて楽しいものですよね。もっといっぱい遊ばしてから「どうしたのかなぁ、その顔は」なんて言えば良かったです。反省!



子育てブログランキング
よろしければ、クリックをして下さい。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-09 12:42 | 子育て

忍耐のない母親

今日は久しぶり(2週間以上)にジムに行ってきました。
汗を流すって本当に良い事ですよね。
クリスマス休みの時の食べ過ぎたケーキを少しでも燃焼しなければ。

ところで、昨日の記事に心づかいなんて書いたのですが、私の全く忍耐のない、心づかいのないのは昨日でした。

** 〜 ** 〜 **

学校でイライジャの先生から呼び止められる。

先生 == 冬休みの宿題の事だけど。読書感想文は出してはくれたんだけれど、「5つの文脈を作って書いて」と言っていたのに、3つの文脈しか作っていないのよね。もう一度書き直してくれないかしら。この点数は大きく取るから、このままだったら点数が悪くなるものね。

母 == (次男をにらむ)。

**〜**〜**

車の中で、
母 == 「冬休みの宿題を見ようか。」と言ったのに、「いい!ちゃんとした!」って言うから信じていたのに、なんなの!! (彼を信じた親が足りなかった、ちょっと怒り気味)


長男 == お母さんごめん、僕の数学のテストが返されたんだけど、成績がとっても悪かったんだ。78点だった。

母 == え〜!!(落ち着け落ち着けと、自分に言い聞かせて)でも、テストの前は勉強をしているんでしょ。

長男 == 、、、。数学は僕の得意教科だから、全く勉強をしないんだ。

母 == (自分を失う)得意な学科なのに78点とは何事なの!!自分はできると高をくくっていたんじゃない!

長男 == 答えを文章で書かないといけない所がなかなかできないんだよね、、、。

母 == (頑張って落ち着いた声で) 先生に分からない所を聞いたの?

長男 == 聞いたよ。その時は分かっているつもりだったんだ。あとでちょっと分からなくなって、、、。

母 == つもりで78点は困るよ。分からなければお父さんにでも聞けば良いじゃないの!!

長男 == ごめんね。

母 == ちょっと私は時間が必要、ひとりにして。話しかけないで!

**〜**〜**

家に帰って来てから。

三男に算数の宿題をさす。この2週間の冬休みで全く忘れている。
(彼はADD持ちで、すぐにパニックになってしまう)

母 == なんでこんな簡単な事ができないの。前はすぐにできていたじゃないの。

母=(自分が誰か全く分からなくなる)

三男は同じ問題に5時間もかかりました。

**〜**〜**

食事時
次男が食前の祈りをしました。

次男 == 〜〜〜〜〜。僕が誠実になりますように。アーメン。

母 == いつも誠実になれますようにって祈っているけれど、祈るだけでは何にもならないって知らないの。 自分がやれるだけの事はきちんとしてよ! あいまいになんか考えないでよ!(まだ怒りが続く)

次男 == (目に涙を溜めて、食卓を離れる。)

父 == ちょっと言い過ぎたぁ?

母 == まだ言い足りないみたい。

父 == (次男のあとを追って行き、彼と話をする。)

次男は目を赤くして、食卓に帰ってくる。下を見て食事をする。

冷酷な母

**〜**〜**

就寝時

三男 == おかあさん、今日はごめんね。僕の算数がなかなかできなくて。

長男 == 今度はもっと頑張るよ、ちゃんとテストの前は本を見るようにするし、分からない所は先生やお父さんにも聞くよ。ごめんね。

次男 == 、、、。

母 == (子供達とハグをする。)


夫と次男との会話

夫 == なんでキチンと言われた事ができないんだろうなぁ。

次男 == 忘れたから。

夫 == 全ての宿題をお父さん達がチェックしているのに、そのチェックしたのも先生に提出しないんだものね。お父さん達が時間をかけてチェックしたのをちり箱に入れてるの?

次男 == 忘れるんだよね。

夫 == 君があまり賢くない子であれば、お父さん達は何も言わないけれど。君は本当に賢い子なんだよ。この兄弟の中で、君が一番賢いのかもしれないと思うよ。それなのに、その賢さを使おうともしない。能力を伸ばそうともしない。それは罪だよ。怠慢と言う罪だよ

母 == (私はよけいな事をいつも言うので、唇をかんで黙っていました。)


**〜**〜**

子供達が寝てから

母 == (一人で反省)
今日は本当に怒りすぎたなぁ。次から次にだったしなぁ。
子供に「自分のやれるだけの事はきちんとしてよ」何て言ったけれど、私のやれるだけの事をちゃんとしたかなぁ。
三男や長男は失敗したくてしているんじゃないのになぁ。
心づかいをもっと考えられるようにしないとなぁ。
こんなに忍耐のない母親を、そして怒りに任せて冷たい態度を取る母親を赦してくれて、おまけに「ごめんね」と謝ってくれる子供達。



今回の決心

怒っている時にも、忍耐を持って話しかけるように子供と話す!!



** 長男がいつも私に教えてくれます。
おかあさん、腹が立っている時には、よけいなことを言う前に、心の中で10数えたら良いんだよ。



子育てブログランキング
よろしければ、クリックをして下さい。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
[PR]
by chiekol | 2006-01-07 03:22 | 子育て

母親の失敗

昨日、子供達をお風呂に入れると夫がシャワールームに行きました。
シャワーを浴びて奇麗になってから、皆で(夫と下の子4人)お風呂に浸かっていました。

それに気づいた長男
長男 == えっ!! お風呂に入れたの? 早く言ってくれれば僕も入ったのに。
夫 == お父さん達はもうあがるから、長男が一人で入れば良いよ。
長男 == 本当!! 久しぶりのお風呂、うれしいな〜。

そして、下の3人は就寝しました。
(いつもは7時から7時半が就寝時間なのですが、クリスマス休みなので、8時過ぎが就寝時間になっています)

久しぶりのお風呂で、長男が大はしゃぎ。
何故か次男んも一緒にお風呂場にいて、大きな笑い声、そして何故か走る音。

ちょっとうるさいな〜と、怒り気味の9時過ぎ
四男 == おかあさん、おしっこに起こしてね。 (と眠たい目をこすりながら階段を下りて来ました。)
母 == (あっ、四男を起こした。と怒りに燃える

下の子達はみんな寝ているのに、人の事を考えないで自分の事しか考えていない。と怒りに燃えた母は、スパチラーを持ってお風呂場へ、、。

母 == なんなの!! 今何時だと思っているの。下3人が寝ているなんて全く考えもしないで!!大きな声ではしゃいで!! と怒鳴る。

長男、次男 == えっ!僕たちが何をしたの?

母 == 皆が寝ているのに、大声ではしゃいで。おまけにお母さん達の部屋のドアも、バスルームのドアも開けっ放しで、大声が下3人の部屋に筒抜けでしょう。他の人の事も考えなさい!!

長男、次男 == ご、ご、ごめんなさい。

母 == (怒りで、バタンとバスルームのドアを閉めて出て行く)
長男と次男は下にもおりてこず、自分達の部屋に行く。

20分後(母は落ち着くのに20分もかかったのです。)
母 == (ちょっと怒鳴りすぎたかなぁ。1年に1回のお風呂だったからはしゃぐのは当たり前だよなぁ。「弟達の事も考えてね。」って優しく言っても良かったのに。怒りに任せて行動してしまったなぁ。)と深〜く反省

彼らの部屋に行く
母 == さっきはごめんね。あんなに怒鳴ったりして。

長男 == いいよ、お母さん。僕たちは、お母さんがどうしてあんなに怒っているのか分からなかったんだよ。

次男 == 僕のせいなんだ。僕が水道の水をコップに取って長男にかけたりしたから。だから足音も聞こえたし、大きな声ではしゃぐ声が聞こえたんだ。ごめんなさい。


母 == 私が怒りに任せて行動しないで、ちゃんと話をしたら良かったんだよ。

長男 == 話してくれたら、「そうか〜。」って思ってすぐにやめたのに。でも、謝りにきてくれてありがとう。

私は短気でならないのです。すぐに怒りが私をコントロールします。
前は自分が間違っていると知っていても「ごめんね」が言えなかったのですが、主のおかげでいくら遅くなっても言えるようになりました。
やっぱりきちんと言う事が大切ですよね。ちゃんと「ごめんね」と言う言葉があるのですから。
主に感謝!!


子育てブログランキング
よろしければ、クリックをして下さい。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
[PR]
by chiekol | 2006-01-02 05:57 | 子育て

一回で聞く子

一番始めに子供ができた時に親友にきいた事があります。
「子育てで一番大切な事はなに?」でした。

彼女は「そりゃいろいろあるけれど、一番大切な事は親のいう事を、一回できく事だね。」と教えてくれました。

親のいう事を一回できく子 それはどんな事をしたらそういう子供に育てる事ができるのだろうか?と思案している時に、「エゾー式子育て」というのに出会いました。

これはエゾーご夫妻が自分たちの子育てを通して、教えていらっしゃる子育て法です。

まず、一番大切な事は「子供はこの世界の事を全く知らないから、親がきちんと教えてあげないといけない。」という事です。

生まれたての赤ちゃんは、昼と夜とが分かりません。
この世界の事を全く知らない赤ちゃんに、授乳時間をコントロールさせると、いつまでたっても夜一晩寝るという事はありません。
昼間はおきているんだよ、夜はねるんだよ、と生まれたての赤ちゃんに授乳時間を通して教えてあげます。
うちの子供達は生後最高4ヶ月で一晩寝るようになりました。(夜の9時から朝の6時くらいまで)
ジャシュア(長男)など生後7週目で一晩寝ました。感謝です。

だんだん大きくなるにつれて、子供自身の意思というのが出て来ます。
その事はわがままモンスターの所で少し説明をしています。

エゾーご夫妻の教えでは「親のいう事を、一回できく子」は、、、。

子供に何か話しかけ、子供が親のいう事をきかなかったら

一回目は注意

二回目はお仕置きをする事
 なのだそうです。

よく、3回までは我慢、と言う親がいますが、そうなると2回まで親の言う事をきかなくても良い事になります。
それに、3回まで我慢と言う親は、3回になっても何もせず、結局5−6回目に行動する事が多いような気がします。(中には子供を脅すだけの親も)
そうなると、子供は親が行動を起こさない限り、いくら声かけをしても「何いっているの?」なんて、全く動かなくなってしまいます。

そして、親の怒りは頂点を超えてしまうのです。

この「1回目は注意、2回目はお仕置き」は親も冷静で、静かに話しかけられます。

そして、この2回目はお仕置きは親の忍耐です。
子供がそのルールを学ぶまで、何回もしなければならないのですものねぇ。

お仕置きもいろいろあります。
大切なおもちゃを取り上げる、椅子に5分(時には10分)座らせる。他の子が外で遊んでいるのに、外で遊べない。(私はこれらのお仕置きは好きではありません、お仕置きをしているときでも子供は自分を主張し議論(口喧嘩)を仕掛ける事が多いからです。)

うちではゴム製のスパチラーで、手や足を1−3回パチンとします。
(すぐに終わって、すぐに子供を抱きしめられるからです)

勿論、それには声かけが重要です。

一回目で注意をして、子供がしなかったら
「あ〜、しなかったねえぇ。家のルールを知っているよね。なんでしなかったのかなぁ。お母さんはパチンなんてしたくないのになぁ。」
と、とても残念そうに言います。

それは、「お母さんはお仕置きはしたくないけれど、家のルールだし、家のルールを守らなかったら必ず悪い結果がともなう。」という事を子供自身が知らないといけないと思うからです。(良い事をしたらいい結果、悪い事をしたら悪い結果)

もちろん、その子供を辱めない為に、他の子の前では絶対にしません。他の部屋かバスルームに行きます。
うちの子達はバスルームに行くまで「お母さん、何回? ねえ何回なの?」とききます。
私は「あ〜、残念だったねぇ。お母さんの言う事がきけなかったねぇ。」と言い続けます。

そして、お仕置きをした後が一番大切だと私は信じます。
子供を膝に抱いて(抱きしめて)、「なんでパチンってされたのかなぁ。」と子供が理解するようにしっかりと話し合います。私はこの時間を20−30分くらい使う時があります。(子供が5人もいるので、20−30分使う事は容易な事ではありません)

そして子供に、「お母さん、〜〜しなくてごめんね。」ときちんと謝らせます。
親は「もちろん許すよ。今度からきちんと守ろうね。」などと話します。

なんで手じゃなくてスパチラーなのか、、。

私たちは手は愛する道具と信じているからです。スパチラーでパチンとした後はスパチラーをほおり投げて子供を抱き上げられます。子供を抱き上げる時にはを使います。

うちの子達はこの方法で育てています。
5人もいるのですが、もっと子供がいても良いなんて思えます。

反抗して口論を仕掛ける時にも
母 == あれっ、お母さんに議論を仕掛けている?反抗しているの?(と言うと。)

子供達 == いいえ、話しているだけだよ。(などと言います。)

母 == でも、それ以上言うと、お母さんに反抗して議論を仕掛けている事になるよね。
と言うと、普通みんな黙ります。次男は例外!!


** 「駄目」と言う言葉はあまり使わない方が良いのではないかと思います。
駄目と言った時の意味は、本当にしたらいけないので、 本当にしたらいけない時だけに使った方が良いのではないでしょうか。
「さっきは駄目って言ったけれど、ちょっとだだをこねたら『しかたないわね〜』って許してくれた。」となると、子供を惑わしてしまうので、それは良くないのではと考えるからです。


ゆみりん、うちはこんなにしています。
もし、ゆみりんがこの方法をやってみようと思うのでしたら、一日目は全て注意の日にして下さい。
いきなり今までのルールと違うのは子供に取って公平じゃないですものね。
「この態度、明日はパチンだよね。」とかです。


ゆみりんの新たな質問

子供が大きくなるにつれて、私はバランスについて考えることが多くなりました。たとえば、”歯をみがきなさい”って毎日言うべきなのか、それとももうすこし信頼して本人に任すのかそれとも、一回目で聞かなければお仕置きが必要なのか?母としてはそんな小さなことでお仕置きしたくない、というのが本心ですよね。そこらへんのバランスはどういう風に線をひいてらっしゃいますか?


お答え

お仕置きは、自分の子供として同じ家にいるのであればいくつになっても必要と私は考えます。
だから高校生まではバシバシいくつもりです。
でも、小学生の後半か中学生になる頃には「親は何を求めている」と言うのが分かってくるので、お仕置きの回数もぐっと少なくなるでしょう。(少なくならないと、お仕置きをしながら教えているかいがありませんものね。)
歯磨きなどは「生活習慣」なので、今の所、お仕置きはしなくても良いと考えます。「〜を忘れてなぁい?」ときけば良いのではないでしょうか。
でも、イライジャくらいの年になると、そういう訳にいきません。「生活習慣」をしっかりと理解していて当然の年ですものね。
その線の引き方は、生活習慣か親に反抗しているのか考えたら分かるのではないでしょうか。
スプーンは木製のスプーンですか? 私は、しなるゴム製が良いのではないかなと思っているのですけれど。
お祈り、、、、私たちも、もちろん祈ります。 特にお仕置きの後です。
子供にもきちんと、主イエス様に罪の悔い改めの祈りをさせます。
下の子達はだいたい、お仕置きが終わるやいなや私に抱きつき「おかあさん、一緒に祈って!」ってせがまれます。
そして私が祈った後に彼らが私の言ったように祈るのです。
祈った後は「イエス様はなんておっしゃった?」と聞くと「『みんな赦しました。』って言われた。」と答えるのも、もう習慣です。
私は自分自身を失う事も良くあります。本当にまだまだなのです。
ゆみりん、一緒に頑張りましょうね。
[PR]
by chiekol | 2006-01-01 06:39 | 子育て