カテゴリ:感謝な事( 2 )

一人の時間

火曜日あたりから、赤ちゃんの具合が良くありませんでした。
下痢がひどくって、多分教会で「感染性胃腸炎」(綾さんに日本語を教わりました)をうつされたんだと思います。
というのも、子供達も私も全く元気だからです。
食欲もなく、下痢ばかり。
これでは脱水症状になってしまうと夫が赤ちゃん用の水分補給ドリンクを買って来てくれました。
「まあ、大丈夫になって来たかな。」と思った水曜日の夜あたりから、今度は私が気分が悪くなってしまいました。
木曜日の子供達の送迎はやっとの思いでしました。
家の中を歩くのも、はって動く様な状態。

木曜日の子供をむかえに行ってから、次男がラーメンでも作って他の子達に食べさせてくれるだろうと思って、ず〜っと寝ていると、、、。

e0062685_532082.jpg
次男 == お母さん、お母さんのお昼を作ったよ。

母 == これ、あなたが作ったの?

次男 == そうだよ。皆の分も作ったんだよ。

うちのコックさん、次男に感謝です。


夫が帰って来てから、皆はアトランタに行く準備。(私は動けなかったので、できなかったのです。)

アトランタはSix Flagsと言う遊園地に行ったのです。

アメリカはホームスクール(自宅学習生)の理解がとてもあり、金曜日もその遊園地がホームスクールデェーだったのです。
一日の入園料で、お昼つき、夏休みにもう一回来れる「ただ券」がもらえるのです。
だから、次の日に延ばそうなんてできないのです。

皆が動いている間も、私はソファーの上に寝ていました。
そこに次男が来て、「お母さん、さっきお昼に作ったお母さんの分、お母さんは食べなかったから、車の中で食べたら良いと思って、お弁当にしたよ。」
とお弁当箱をナイロン袋に入れた物をみせてくれました。
感謝!、、、でも、動けない。。熱も上がっているみたい。。。。

木曜日の夕方、夫が言うには、「君はアトランタに行かずに、ここにいた方が良いんじゃない。」

えぇぇ〜!! 5人の子供と遊園地に行くのに、一人で大丈夫??!!

大丈夫だよ。

そこで、夫と子供達はアトランタへ出発(高速3時間)。。。。
(赤ちゃんは市の里親の方に、ベビーシッターをお願いしました。)

私はウンウンうなって、一人で寝ました。


** 〜 ** 〜 ** 〜 **

次の日の金曜日、目が覚めたら、何だかすっかり元気!
あれ〜、私もアトランタに行けば良かったかな。。。

木曜日の夜から何回も電話がある子供達に、「何だかすっかり元気になっちゃったみたい。」と言うと
「だから、頑張って一緒に行こうって言ったのに〜。」 と、、、ごめんね〜。


** でも、今日一日、、、、私一人の時間♪♪!!   フフフ、、何をしよう♪♪

まず、友達にメールを出して、リビングルームを片付けて、台所を半分片付けて(半分と言う所が良いでしょう)、シャワールームの掃除をして、シャワーを浴びて、、、。
などとしていたら、動機息切れ、、。立っていられなくなりました。
やっぱり熱の出た次の日ってきついのですね。
大好きなブログをする気にもなれず、またベットへ。


** 〜 ** 〜 ** 〜 **

夕方くみちゃんから電話があって、二人で食事に行く事になりました。(夕方はだいぶ気分が良くなっていました。)
今日は彼女の卒業式!!

5時の約束だったのに、くみちゃんが来たのは6時前。。。。
まったくもう!!!  怒り気味!!

くみちゃん == 電話すれば良かったね。

私 == 家を何時に出たの?

くみちゃん == 、、、。ハハハ、5時近かったかなぁ。途中ショッピングモールに寄って、、、。

私 == それじゃぁ、始めから時間に間に合う様に来ようとは思っていなかったんじゃないの!!プンプン!

あなたは私から1時間の時間と言う物を盗んだんだよ。!!


私とくみちゃんの間なので、その事もはっきりと言いました。

そんなに、はっきりと自分の気持ちを言える友達を与えてくださっている神様に感謝です。

もちろん、レストランではとっても美味しく頂きいました。
写真を撮りたかったのですが、夫がカメラをアトランタに持って行っていたので撮れませんでした。残念。




人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
[PR]
by chiekol | 2006-05-15 05:57 | 感謝な事

里親講習会

火曜日の夜は、「里親講習会」でした。
里親の権利を維持して行く為には、この講習会を年に数回受けなくてはいけないのです。

女の子が欲しくって、里親をして、できたらその里子を養子にもらいたいと思ってしているのです。

でも、もう3年目になるのに、なかなか女の子は来ません。
預けられに来るのですが、皆1週間かそこらで彼らの家に帰ってしまいます。
*(前の記事もお知らせしました。1例

「もし、養子にできないのであれば、すぐにこの家から取り上げてください。」と私の神、主イエス様に祈っています。
彼は私たちがなじむ前に、私たちが辛くならない様に、すぐに赤ちゃんを取り上げてくださっています。 
感謝です。

講習会は6−9時まででした。

「3時間も! 忙しいのに!! こんな講習会に行って、何か得る物があるのだろうか。自分の家でもしないといけない事が沢山あるのに。女の赤ちゃんも全然来ないのに。」と思いました。

夫 == 講習会に行くと電話予約をしたのであれば行けば良いし、電話予約をしていないのであれば、もう講習会なんて行かなくても良いんじゃない。(とあきらめ気味。)

私 == 明日、「女の子の赤ちゃんがいますよ。預かりますか?」って電話があるかもしれないから、行くだけ行ってみるよ。「電話予約をしていないから、あなたは入れません。」と言われたら帰ってくるよ。

と言って出かけました。

講習会は「建設的な躾−2」でした。
そこに、前の教会の時に知り合いだった夫婦がいました。

** 彼らは養子に欲しいのではなく、10歳前後の子供達の里親をして、健全な夫婦関係、健全な家族関係をその子供達と一緒に生活する中で、見せて上げたい。と言っていました。
なにしろ、里子に出される子供達は、やっぱり家庭に何かと問題がある子達ですものね。

また、私のテーブルの女性と自由時間に話をする事ができましたが、彼女(リサさん)も何年も待ってやっと養子が来たと言っていました。私の隣の席に座っている男の方は、「2年目でやっと養子が来た。」とのこと。

目の前に座っている女性の話では、「男の子が一人いて、女の子を養子に欲しいのだけれども、全く来ない。」とのこと。

えっ! 私だけではなかったの。みんな待っているの?!

リサさんからは、
「私たちの王、神様がきっとあなたの家にふさわしい子供を与えてくださるから、あきらめないで!!」
と励まされました。

また、前の教会の時の知り合い夫婦と話をした時には、彼らの次男も嘘の罪がる。とのこと。

えっ、うちの子達(次男、三男)だけの問題ではなかったの??


彼らは、彼らの次男(14歳)が嘘をつく事があるので、

「 次男の嘘が、きっと表に現れます様に。誰かが見つけます様に。嘘を突き通したままで終わりません様に。」といつも祈っているとの事。

そしていつも、必ず誰かが見つけるとの事。


うちの三男の嘘で嫌気がさしていた時に、女の子が来ないと嫌気がさし、あきらめかけていた時に、この里親講習会に行って、本当に励まされました。

講習会に行こうか行くまいか迷い、夫からも「行かなくても良いんじゃない。」と言われたのに、
「行くべきだ。」と心の中に強く語りかけてくださった主イエス様に感謝です。





人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-04-07 03:47 | 感謝な事