愛の中の厳しさ

うちのご近所のお嬢さんは今年の5月に高校を卒業されました。

父親は小さな郵便局の局長さんで、母親は看護婦さんです。そのお嬢さんの言うには、「両親の年収がすくなすぎる、私は医者になる」と言っていらしたようです。(医者の年収は、初任給で最低1000万円です。)

彼女はとても頭が良くって、あちらこちらの大学からも特待生(授業料免除)としてきて下さい。と申し出がありました。そして彼女は小児科の医者になるという希望でした。

今、彼女は近くの短大のインターネット(自宅で授業が受けられる)で授業を受けています。
彼女は妊娠しており、つい2−3日前に女の子を出産しました。

彼女の弟(高校2年生)の話を聞くと、、
彼女の弟 == sexをすると子供ができるって分かっているのに、どんなに避妊してもできる確率があるのに、馬鹿な事をして。    と姉がした事を怒っていました。
私 == でも子供をおろさないで、子供に命を与えてくれてよかった。   と言うと。
彼女の弟 == あぁ、、、僕たち家族は子供を殺す事なんて全く考えないよ。との答えでした。

「生理が遅れている、あっ、妊娠した。」 と知ったその時には、もうおなかの子供の心臓は動いているのです。私も日本にいる時には全く知りませんでした。

彼女の母親と話をしたとき、その母親は。。。。
裏切りにあった。本当に彼女を信用していたのに、今でも本当に腹が立って仕方がない。娘にはこれから大きな夢が待っていた、彼女のしたい事は何でもできたのに、大学も自分の行きたい大学に特待生として行けたのに。妊娠をするような事をしてしまって。
子供を産んでから、おばあちゃんの所の近くの大学に行き、おばあちゃんの家に一緒に住む事になった。
今も、出産するまで仕事をしていた。

彼女はこれからが大変。
学校に行って勉強をして、仕事をしながら子供を育てなければならない。
自分でした事だから、自分で収入を得ないといけない。養子縁組も考えたのだけれども、娘が子供をはなせられないと言い、彼女が育てる決心をした。

私はこのご両親の行いに、とても強い愛の中の厳しさを感じました。
私達はよく愛と、甘やかしを誤解しがちです。
「愛」と言うのは、何でも子供の言いなりではないのです。
親自身がきちんとした信念を持ち、自分のした行動には必ず結果が伴い、その結果の責任を自分自身が取らないといけない。という事をきちんと教えなければなりません。

赤ちゃんができるような行いをした、つまり貴方は責任のない子供ではなく、自分を大人だと思っている。それなら私達(両親)も、貴方の事を大人扱いしましょう。大人というのは、自分で収入を得て、全てに自分で責任を持つもの。だから、親に甘えて親の家に住むのはよくない。自分の足でしっかりと立って、自分の人生を歩みなさい。という事です。

自分は大人だと思っているけれど、ここは甘やかせて、というのは全くないのです。

子供達 == セーラ(そのお嬢さん)は結婚もしていないのに、なんでsexなんかしたんだろう。
母 == 誘惑に負けたんだよ。   肩が触れると、手をつなぎたくなるし。手をつないだら、抱きしめたくなる。だきしめたら、キスをしたくなる。キスをしたら、sexをしたくなるものなんだよ。自分は意思が強いと思っていても、誘惑というのは自分が思うより力のあるもの、だから最初から、手をつないだりキスをしない事だね。
長男 == お母さん、僕お父さんとお母さんの事を知っているよ。
母 == 何を知っているの。
長男 == お母さん達、結婚前にキスをしたって聞いたよ。
母 == そうだね。誘惑に負けたんだよ。するべきじゃなかったよ。
長男 == お父さんもそういっていたよ。
[PR]
by chiekol | 2005-09-14 03:59 | 子育て


<< 復讐 子供達 >>