全国テスト

子供達の学校は昨日の記事でも書きましたが、普通の学校と違います。

ここ南部は自宅学習生(学校に行かないで、自宅で両親から勉強を教わる)がとても多いです。
やはり自宅学習と言っても、きちんと1年のカリキュラムをたて、それに乗って勉強を進めて行きます。
全く一人の子供にフォーカスできるので、子供も集中して、又その子のスピードで学べます。
アメリカ全土の、英語単語コンテストでは自宅学習生が毎年の様に優勝しています。

でも、私はそこまで自分でカリキュラムを組んでなんてできません。まあ一人くらいだったらできるかもしれませんが、5人分もとは私には力量がありません。
それに私立学校なんて、とんでもなく高いので、私たちには出せません。

アメリカの公立学校は、何かと問題があります。もちろん、今では日本でも問題があるでしょうけれど。
夫は公立校に出すのに反対です。そこで、この学校を選びました。

学費は5人の子供全員で、私立学校の一人分くらいです。(先生方のお給料がとても安いのです。)
公立学校側からは、私たちの学校はホームスクール(自宅学習生)と見なされています。

今週は、子供達の全国テストがあります。
スタンフォード大学の教育学部が出している、全国統一試験を受ける週です。
この全国試験も、たしか3−4カ所の所が出しているのではと思います。(はっきりとは知りません)

ホームスクール(自宅学習生)の学生も、この全国テストを1年に1回受けないといけないのです。
子供達の学校には、100%ホームスクール生が沢山試験を受けに来ています。

この試験は、何年生の実力があるかという事を調べるのです。
国語、理科、社会、算数の教科に別れています。

どの試験にも、学年の問題と、とても難しい問題が出されています。
とても難しい問題は、教わっていなくても解けるかどうかを調べる為にです。

ある子供は、3年生なのに、1−2年生の実力しかない子供もいます。
また、ある子供は3年生なのに、5−6年生以上の実力を持っている子供もいます。

それをもとにして、親は自分の子供は何の教科に弱いのかを知る事ができると同時に、その弱い教科に力を入れる事もできるのです。

もし、子供の実力が同じ学年の子供達よりも劣っていたら、1学年遅らせ、又同じ学年をもう一年させる事もあります。
つまり、留年させるのです。

学年があがるにつれて、他の子達との差が大きくなって取り返しがつかなくなるよりも、下の学年のうちに留年させて、学年が上になっても落ちこぼれない様にとの計らいです。

そして、もし留年した子がいても、その事を笑う人や、後ろ指を指す人、うわさ話に花を咲かせる人、見下した物の言い方をする人などは全くいません。

長男のクラスは、12−13歳の年齢ですが14−15歳の男の子が二人います。

これも、その人を認め敬意を払う事の一つとして、親はもちろん子供達もその事は全く気にしていません。

アメリカはこのように、その子供の能力に応じていろいろ選べるので、本当にありがたいです。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
より多くの人に見てもらえるよう、クリックにご協力をお願いします
[PR]
by chiekol | 2006-04-13 08:47 | 学校


<< 娘のクラスの遠足 休み時間 >>