怒り

English version translated by machine
(I'm sorry. The page does not become perfect English for automatic translation.)

先週の事です。
あきちゃんと聖書勉強をしている時に、うちの長男が怒って言いました。

長男 == おかあさん、この前学校から持って来た歴史祭の用紙はどこへ置いた??
母 == えっ、そんな紙があったっけ? 知らない。

長男 == えっ!! お母さんに渡したじゃないか。あれは大事な用紙なんだ。(すごい怒りの声)
母 == えっ、そうだった。

長男 == 歴史祭があるから、その時にどういう発表をしないといけないというのが詳しく書かれてあったんだよ。あれがないと、どうして良いか分からないんだよ。

母 == 捨てたかな〜。
長男 == ちゃんとしてもらわないと困るよ!!

** 〜 5−7分位してから 〜 **

母 == そんな大事な用紙だったんなら、先生に電子メールを出してなくした事を言えば、先生もまたその事についてメールをくれるよ。お母さんがなくしたって、お母さんのせいにして書けば良いから。

長男 == いいよ。電話をするよ。(いつもの長男の声)


一時してから

本を取りに子供達が勉強している部屋へ行く

長男 == おかあさん、さっきはごめんね。
母 == いいよ。私が悪かったしね。でも、あきちゃんに謝らないとね。
長男 == (あきちゃんへ)ごめんなさい。
あきちゃん == えっ?! 全然気にしてないよ〜。


あきちゃん == へえ〜、千絵子さんとこの子も親に怒るんだ〜。親に怒る事なんか絶対にさせないと思っていた〜。

私 == 
そんな事ないよ。親に対して怒る事もあるよ。怒っても良いんだ。
ただ、その怒りをコントロールできなくなって、ひどい言い方とか、馬鹿にした言い方、怒鳴ったりしだしたら、今度は私が怒るけれどね。

それに、用紙をなくした私が悪いしね。


** 〜  夜 〜  **

夫が私に言いました。
夫 == 長男からきいたけれど、近頃ブログばかりして、少しも子供達の面倒を見ないって嘆いていたよ。

母 == えっ、なんでそんなに言うかなぁ。

夫 == 学校の歴史祭の重要な用紙をなくしたって言うじゃないか。

母 == うん、長男は私に渡したって言うけれど、覚えていないのよねぇ〜。

長男 == お母さんはいつもブログばかりしている! 僕はちゃんと用紙をお母さんに渡したんだ!!
(また、怒った声)

母 == あなたの勉強机の所や、椅子の後ろが汚いから、そこもちゃんと見てみたの?

長男 == ちゃんと見たよ。僕はお母さんに渡したんだ。(と怒った声で言いながら、机の周りを探す)


** 〜  一時探してから  〜 **

長男 == おかあさ〜ん、へへへ、、、。ここにあったよ。

母 == あっ!!お母さんのせいにして、自分で片付けていないから用紙をどこにやったのか分からなかったんじゃないの!!

夫 == 僕だって、長男の言う事を信じたのに。

長男 == へへへ、、、。ごめんね、ね、ね、許してね、ね。

母 == もう!!!

長男 == ごめんね。許してね。ね〜、おかあさん。(何分か言い続ける)

母 == なんなの、ひつこいな〜。

長男 == だって、「許して上げるよ。」って聞いていないもの。ごめんね、ね。許してね、ね。

母 == あ〜ぁ、言っていないね。もう〜、許したくないけど、許してあげるよ。

長男 == ありがと!!(ハグ!)

長男 == あれ〜、先生からメールの返事が来ている。

母 == えっ!! 自分の後始末が悪かったのに、先生には「お母さんがなくした」って、メールを出したんでしょう。なんなの〜!!

長男 == いや、先生には僕がなくしたってメールを出したんだ。



人気blogランキングへ  子育てブログランキング   ぶろぐひろば
読んだら必ず応援のクリックをお願いします。
いつもありがとうございます。
**3個もあります。面倒だけれどもお願いします。
[PR]
by chiekol | 2006-02-23 03:49 | 子育て


<< 歴史祭 歴史祭 >>