言葉

教会に行く朝、娘が普通のシャツを着ていました。

母 == これじゃあ駄目だよ。ちゃんとした服を着ないと。
(別にTシャツでも良いのですが、せめて週に1回くらい良い服を着せたいのです。)

娘 == (私たちの部屋を出て、自分の部屋に行く時に)お母さんの意地悪!!

母 == 今なんて言った?!

娘 == えっ、、、。ごめんなさい。

母 == もちろん許すよ。でも、自分のしたことには必ず結果がともなうって知らなかった。

父 == 僕がいくよ。

夫と娘はバスルームに行きました。お仕置きです。

夫と娘は20分位いバスルームにいました。私たちはお仕置きより、その後の話に時間をかけるのです。
バスルームから出てくるなり、いきなり娘は私の首にしがみつき「ごめんなさい!」と言いました。

母 == 言葉は本当に大切なものなんだよ。言葉には力があるんだよ。嫌な言い方をその人に言っていると、冗談で言ったつもりでも、言葉が心の中に入って行って、本当にその人のことをそう思うようになってしまうんだよ。それに、お父さんやお母さんに対してそんな言葉使いは良くないよね。気をつけないとね。


車で教会に行く途中、夫との会話。

夫 == 娘は正直者だよ。

私 == どうして?

夫 == 昨日も、僕に対して敬意を払った言葉使いをしなかったから、お仕置きをしたんだ。
した後に「さあ、主イエス様に祈ろう。」と言ったら、「いやだ!!」って言ったんだ。「ごめんなさいは」って聞いても「いや!」と言って、口を曲げるんだ。

母 == え〜、そうなんだ。それでどうしたの?

夫 == やっぱりまだ敬意を払うことを学べてないね。って、またお仕置きだよ。

私 == そうなんだ。私の時には、お仕置きをしたらすぐに「お母さん、ごめんなさい!! 祈って!!」って抱きついてくるよ。

夫 == ふ〜ん、そうなんだ。

** うちの子達は、
「人を馬鹿にしたり傷つけたりするような言葉は使ってはいけない」という家のルールを知っています。だから、一回目からお仕置きでした。


日本では親を「あんた」とか、ひどい時には「おまえ」とよぶ子どもがいます。
それをその子の親は何も言わないのは罪だと信じます。
(私も自分の親を「あんた」とか呼んだことが何回もありました。反省しています。)

言葉には力があります。そして言葉使いはとても大切なことです。
親として、正しい言葉使いを教えてあげるのも親の役目ではないでしょうか。

** けさの6時頃、日本のNさんから電話がありました。感謝!!
彼の言うには、高校を出るまでは「お父さん」とは言わなかったけど、今では「お父さん、お父さん。」と良く言ってくれる。嬉しい!!

私 == Nさんは、子ども達から信頼されているのでしょう。だから、子ども達も「お父さん」という言葉を使うのですよ。

N == そうかなぁ。(日本人は謙虚なので、「そうですよね。」とは言いませんよね。)

**うちでは「あんた」とか言われていても、信頼関係がしっかりしている。と言われる方は、それはそれで良いと思います。



子育てブログランキング   ぶろぐひろば
読んだら必ずクリックをお願いします。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
いつもありがとうございます。
**二つもあります。面倒だけれどもお願いします。
[PR]
by chiekol | 2006-01-31 11:54 | 子育て


<< 手あれ 映画 >>