私の罪

次男に「食卓の上を片付けて」と言ったのですが、自分の座っていたところだけを片付けて、全体を片付けていないのです。

またまた怒りに燃える母

母 == あなたは全く誠実じゃない、『これくらい良いや』って思って、全てに責任を持った仕事をしようとはしない。いつになったら「これではいけない」って気づくの!!!

土曜日からの落ち込みに拍車がかかって、「もう、どうして良いんだろう。」と考え込んでしまいました。
特に真ん中の二人には、いっつも悩まされます。(次男、三男)
三男は三男で、金切り声で叫ぶし、、、。(彼はヒステリックになることが良くあるのです。ADD持ちです)

主イエス様に祈っていると、私の罪というのが大きく浮き出てきました。
全部私が悪いの?

日曜日の夕食後、家族会議。
次男にこんこんと話をしました。

母 == お母さんを敬っている?

次男 == うぅ〜ん。(と首を横に振りました。)

母 ==
 そうだよね、あなたの態度は敬った態度じゃないよね。神様は人間に目を造られた、目を見ればあなたがお母さんに反抗して、心の中で悪口を言っているのがよくわかるよ。

親、学校の先生、大きくなってからでは会社の上司などは個人ではコントロールできない。既にイエス様が決めて下さっている。(結婚は別)
それには何か訳があるからでしょう。私たちをその場で、何かを学ばせようとして下さっている。

でも、お母さんはあなたをどうしてよいものか分からないよ。
なんで誠実にならないのかが分からない。自分の行いは、自分できめるんだよ。嘘は悪いんだよ。(こんこんと話す)

お母さんを敬っている?

次男 == うん。(こくりと首をたてに振る)

母 == (本当かなぁって一瞬思ったたけれど)  あなたの言葉を信じるよ。
それは、あなたを愛しているから、どんなにお母さんに反抗しても、やっぱりあなたを愛しているから、あなたは私の息子だから信じるよ。

子供達全員に
私は今まで、次男に人差し指をさして、「なんで、ちゃんとできないの」って批判していたけれど、私自身3本の指(中指、薬指、小指)が自分を指していることをすっかり忘れていたよ。

私は良いお母さんじゃなかった、ご免ね。これからもっとあなた達のことを考えて、あなた達の話を聞く良いお母さんになるようにするよ。

とそこまで言うと、涙がポロポロ流れてきました。

私が全部悪かったのです。主イエス様は私に5人の子供を任せて下さいました。それなのに、自分では努力をしていなかったのだ、って気づきました。落ち込みは私のせいでした。

もちろん、子供達が罪(嘘や意地悪などなど)をおかすと、それなりのお仕置きはします。自分の行いの結果としてです。

でも、批判ではなく、教えると言うことを忘れないで、子供達と接していかなければと再確認させられました。

母、まだまだ自分自身の修行です。

長男 == お母さん、次男を指差す時には、人差し指を使わないで、握手をするように指全部で指したら良いよ。そしたら、お母さんを指す指なんかなくなるよ。

長男はいつもお母さんの味方です。主に感謝!!!


子育てブログランキング
よろしければ、クリックをして下さい。
昨日クリックをして下さった方も、またお願いします。
[PR]
by chiekol | 2005-11-15 01:51 | 子育て


<< ごほうび     ため息 >>