ディズニーでの会話

ディズニーに着いた夜の会話です。

長男 == 明日はエプコットだね。お昼は何を食べるの? 僕はイタリアンが良いなぁ。
父 == ドイツ料理もおいしいよね。
長男 == あと、どんな国があるんだったっけ。どこの国の料理が美味しいんだろう。
父 == 僕たちがなんと言っても決めるのはお母さんだからねぇ。でも、話すのは自由だから、食べ物の事を思いながら、話したいだけ話せば良いさ。

次の朝の朝食時

他の子供達はみんな起きてテーブルの所にいるのに、四男だけまだベットで寝ていました。朝食を食べ始めてから、、、

長男 == 四男は食べないの?
父 == 四男だけだよ、あんなにできるのは。えーっと、あと娘かな。
長男 == そうだね。僕たちだったら怒られているね。
母 == えーっ。私、えこひいきをしている?
父、長男 == しているの?
母 == (しているかなぁ。)
父 == 四男おきなさい。
四男 == まだねてる〜。
父 == 1、2、3、4、〜〜  と数を数え始める。
四男はぱっと飛び起きて、テーブルにつきました。
長男 == お父さん達が数を数えると、自分の事じゃなくてもドキドキするよ。

L家では子供達に言ったあとちょっと待って、子供達が動かない時には1〜10まで数を数えます。10まで数えられたらお仕置きをされるというルールです。子供同士ではできない事になっています。親だけの特権です。
ある人たちは1〜5まで数えますが、3くらいになるとまた1から数え直しています。その人達の子供はいっこうに動きませんでした。当たり前ですよね。

三男

トイレの所で、<すべるので注意>の人がころんでいるサインがありました。
父 == このサインはなんといっているの?
三男 == ここで寝たらいけません。

e0062685_11394131.jpge0062685_11495740.jpg
[PR]
by chiekol | 2005-10-04 11:52 | 子育て


<< ディズニーでの会話 2 再会 >>